キャンプ料理を考える2019 ~時短料理へシフト編~

子供キャンプだと何かと慌ただしくてじっくり料理をすることが出来きない。子供のとの時間を確保するためにもおのずと時短料理にシフト。まずはこれまでのキャンプでの料理メニューを振り返り。

【2泊3日キャンプの1日目の昼食&夕食メニュー】
長時短料理!?が多い。

〇冷凍パスタ
フライパン対応の冷凍パスタはテント設営で慌ただしい1日目の夕食には最適。お勧めはに生タラコを追加アレンジしたタラコパスタ。

〇冷凍うどん
バーナーもしくは石油ストーブの上で温めるだけで完成。オススメはセブンイレブンの“風味豊かな鍋焼うどん”。

〇焼きそば
直ぐできて失敗も少なく子供も喜ぶ定番料理。

〇流水麺
水で流すだけで完成。夏場で食欲が落ちている時の定番

〇コンビニ弁当
最早料理ではないが、事前準備の時間がない時はこれが楽ちん。



【2泊3日キャンプの2日目の昼食&夕食メニュー】
メイン系の料理は時間的余裕のある中日に設定。

〇BBQ
食材を良いしておけば、食べる人が焼くので実は楽なメニューでグルキャンでの定番メニュー。炭の用意や後処理、網の掃除が結構面倒で単独ファミキャンではやらない

〇カレー
グルキャンで当番制の家族が作ることが多い。各家庭毎の味の違いを楽しむこともできる定番メニュー。

〇アヒージョ
好きな食材をオリーブ油で煮込むだけの簡単メニュー。油で煮込むのだから美味しくないわけがない。別途カットしたフランスパンをトーストしながら食べると腹持ちも良い。マッシュルーム、アサリ、エビ、マイタケ、アスパラは入れたいところ。

〇チーズタッカルビ
“チーズタッカルビの素”を利用すると簡単。トッポギを別途追加するのがオススメ。

〇鍋
コチラも食材を用意しておくだけで後は煮込むだけなので簡単楽ちん。

△燻製料理
燻製卵や燻製チーズは絶品。メイン料理ではないがサブ料理としてやりたいところだが、見張り番をしていないとスモークウッドの火が消えていたり、逆に炎上していたりするので人数が多い時にやった方が良い。また、スモーカー器具の汚れも中々落ちないので出動条件は厳しめ。

×ピザ/ナン
出来るまでに時間がかかり子供が待ちきれないし、その間BBQ網が使えない。また、料理番をしていないと焦げのリスクもある。子供が一緒に料理できる年頃になったら再始動を検討する

×たこ焼き
仕込みに時間がかかるのと、焼いている間は席を外せないなのでメインというよりはおやつメニュー。





【2泊3日キャンプの2日目及び3日目の朝食メニュー】

〇ホットサンド
簡単で美味しい。レタスやカット野菜をベースとしてトマトやオリーブベーコン等をトッピングすることが多い。アンチョビを入れるとアクセントとなって美味しい。同じ食材が続くと飽きる。具材アレンジ要検討

〇雑炊
主に3日目の朝に余った食材と固形スープを入れて作成。毎回、適当に作っているが結構美味しい。

〇コンビニパン
料理ではないが、チェックアウトが早く時間がない時にはコレが一番楽。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Year2024-7th-CAMP#113@赤城山オートキャンプ場 ~Looki...

2019年9thキャンプ#31@北軽井沢スウィートグラス ~検証編~

[オガワ/グロッケ12TC] ~2018年新作テント注目編~

WILD-1行脚2021 ~葉月編~

2021年1stキャンプ#53@朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 ~1st DA...

[テンマク/大炎幕] ~インナーテント&暖房検証編~