モスキートネットを考える2019 ~インナーテント代用編~

現在所有しているモスキートネットは3つ。吊り下げタイプは収納サイズが非常にコンパクトで軽量だが、ワンポール幕内だとレイアウトがし難い。ポップアップ式は収納サイズは少々大きいがレイアウトがし易い。

・[Unigear/アウトドア モスキートネット]
底面がないので屋外で使用する際はペグダウンをしないと風で直ぐに捲れてしまう。幕内でもレイアウトがし辛いので出番は少ない。

・[FLYFLYGO/モスキートネット]
底面があるタイプだが、上記と同じく幕内でもレイアウトがし辛いので出番は少ない。

・[Dimples Excel/シングルワンタッチ蚊帳]
ポップアップ式のモスキートネット。設営のみならず撤収も非常に簡単。ダブルファスナーなので出入りもし易い。雄一の不満点は長さ220cmとなっているが短辺側の角度が寝ているためシェラフなしだとつま先がウォールに干渉してしまうこと。ちなみに小生の身長は175cm。

【グロッケ8の場合】
ハーフインナーを購入していないので、就寝時に虫の侵入した際に一抹の不安が残る。ということでポップアップ式のモスキートネットでインナーテントの代用が出来ないか検証してみた。カタログスペックのボトム形状を想定し配置。当幕は五角形なので、長辺側200cm長ポップアップ式のモスキートネットはレイアウトが限定されてしまう。また短辺側の長さも120cm以上だと幕壁に干渉してしまう感じ。



【ピルツ15T/Cの場合】
純正のハーフインナーは3人で使うには狭く、2人で使うには設置が少し面倒。ということでモスキートネットをインナーテントの代用で使えるかどうかを想定してみた。ハーフインナー使用だとレイアウトは結構キツキツ。モスキートネット2個使いは幕壁の干渉が抑えられL字型に配置出来れば有効、大きめのモスキートネットなら1個で大人2名+幼児1名の3人の就寝スペースを確保できる感じ。



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

所有している焚火台3台 ~比較検証編~

コールマン/アテナ ヘキサM タープ ~初張編~

Year2022-7th-CAMP#79@成田ゆめ牧場 ~Cancel~

キャンプギア散財録2020 ~師走編~

[オガワ/フィールドタープ レクタL-DX] ~解剖の儀~

Year2023-10th-CAMP#100@オートリゾートパークビッグランド ...