2ポールシェルター2019 ~タラスブルバ追加編~

スポーツオーソリティの20%セールが始まりネットショップを見てみると見慣れないメーカー“タラスブルバ”が目についた。調べてみると、スポオソのプライベートブランドとのこと。小生のお気に入りの2ポールシェルターも2つラインナップされていた。改めて現存する2ポールシェルターと“タラスブルバ”製品を比べてみた。尚、クロスフレーム(ダブルA型フレーム)タイプや二股フレーム等を使用しているものも広義の意味で2ポールシェルターと称している。ちなみに現在所有している2ポールシェルターは以下の2幕。

“タラスブルバとは”
アシックスが以前展開していたアウトドアブランドで、1976年誕生。2010年頃、アシックスがスウェーデンのアウトドアメーカー「ホグロフス」を子会社化し、ホグロフスに注力するためにタラスブルバは生産終了し、ブランドは一時消滅。2017年スポーツオーソリティを展開するメガスポーツが商標権を買取り、プライベートブランドとして復活!




 

2ポールシェルターの主な利点は3つ。

①アレンジ豊富
気温や天候によってタープ調としてもテント調としても使用できる。ツインピルツフォークT/Cは昼間は長辺側開放、夜間はフルクローズとして使用している。

②時短設営
ペグダウン数が少なく設営がシンプルで時短。只、ツインピルツフォークT/Cはポリコットン生地のため少し重く取り回しは化繊モデルに比べると悪い。

③時短乾燥
長辺側を立ち上げるとあっという間に幕が乾燥する。地味に便利。

2ポールシェルターはインフレームの「立ち上げ式」とアウトフレームの「吊り下げ式」に大別される。

「立ち上げ式」
幕体の内側から2本のポールで立ち上げるタイプ
・幕内にポールがあるためレイアウトし辛い
・幕内にポールがあるためポール用ランタンフックを掛けることが出来て便利「。
・構造がシンプルのため軽量なものが多い
・設営の際に幕体が汚れやすい。雨天設営時は別途グランドシートを敷かないと幕が結構汚れる
・雨天撤収時もグランドシートを敷かないとポールを抜くときに幕体が凄く汚れる

「吊り下げ式」
フレーム2本*2組をA型に組み幕体を吊り下げるタイプ
幕内にポールがないため、レイアウトがし易い
・ポールが立ち上げ式に比べ倍となるため重量増となる
・雨天設営時はフレームから設営するため、地面に設置し辛いため汚れ難い。
・雨天撤収時も幕体から片付けることが出来るため地面に設置し辛く汚れにくい。

ボトム形状は「六角形」と「八角形」に大別される。

「六角形」
ペグダウン数が少ないが、整形にはコツがいる。

「八角形」
レクタタープにウォールを付けた形状のため、設営がシンプルで整形も比較的簡単。

今回“タラスブルバ”から発売された2ポールシェルターは2幕。片方がクロスフレームの幕体吊り下げ式、もう片方が1ポール立ち上げ式でボトム形状は六角形でスカートとサイドウォールは付いてない。スペックを見る限り遮光性も問題なさそうだ。

・[タラスブルバ/ワンサイドフォークAFシェルター]
横幅470cmと12幕の内小型の部類となる。別売りでインナーテントもラインナップされている。


・[タラスブルバ/ワンサイドフォークアレンジシェルター]
同タイプのサーカス720DXよりやや小ぶりで、スカートとサイドウォールは付いていないが重量は11kgと比較的軽量。インナーテントがラインナップされていないのが残念。サーカスDX総重量が23.8kgとヘビー級。

 

現存する2ポールシェルター12幕のスペックを横幅順に並べてみた。

[メーカー/幕名] 外寸(cm) 収納時外寸(cm) 重さ(kg) インナー外寸(cm) ボトム タイプ
[ヘリノックス/TAC フィールド4.0] 400*225*175(h) 70*20*20 4.1 六角形 立上
[タラスブルバ/ワンサイドフォークAFシェルター] 470*230*180(h) 62*19*19 6.5 210*200*160(h) 六角形 吊下/立上
[ニーモ/ヘキサライト6P] 561*470*226(h) 5.7 六角形 立上
[バンドック/2ポールテント] 600*300*210(h) 65*27*25 7.5 290*140*200(h) 八角形(長方形) 立上
[ヘリノックス/TAC フィールド6.0] 600*450*250(h) 72*30*27 8.7 六角形 立上
[キャンプマニア/プレシャス] 620*360*200(h) 70*25*25 6.2 320/160*140*180(h) 八角形 立上
※別売 台形
[オガワ/ツインピルツフォークTC] 630*355*210(h) 65*35*30 10.1 320/160*140*180(h) 八角形 立上
※別売 台形
[キャプテンスタッグ/CSクラシックス キャンプベースUV] 680*380*220(h) 72*23*24 14.7 240*240*200(h) 六角形 立上
[タラスブルバ/ワンサイドフォークアレンジシェルター] 700*320*235(h) 70*22*22 11 六角形 吊下/立上
[テンマクデザイン/サーカス720DX] 720*360*220(h) 23.8 225*225*200(h) 六角形 吊下
[ホールアースコレクション/アースデルタネストシェルター] 735*360*220(h) 88*28*28 20.5 340*340*210(h) 六角形 吊下
※五角形
[スノーピーク/ランドステーションL] 885*510*210(h) 76*28*33 8.9 八角形(多角形) 立上

≪個人的なオススメ幕≫
・[テンマクデザイン/サーカス720DX]
重さを考えなければアウトフレームで幕内スペースも広く使え、サイドウォール付で雨天時の雨の入り込みも少ないの使い勝手が抜けてる機能てんこ盛り幕。難点は約24kgともなる重量。
・[オガワ/ツインピルツフォークTC]
インフレームによる簡単設営、区画サイトでも設営できる外寸等、現存幕で一番バランスが良いと思う2ポールシェルター。設営撤収時にホワイトカラーの幕体が汚れやすいのが難点。ボトムが八角形でレクタタープ調で設営が六角形タイプよりも簡単で整形し易い。短辺側も開放できるので温度や天候の変化によって調節し易い。ポリコットン素材&トリプルファスナーなので薪ストーブもインストール可(使用は自己責任)。










 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年間キャンププラン2019 ~其の参~

2018年3rdキャンプ#13@森のまきばオートキャンプ場 ~1日目~

キャンプギア総評2017 ~散財録編~

2018年8thキャンプ#18@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

【アテナ スクリーン2ルーム】と【アテナ トンネル2ルームハウス】を比較してみた

2018年キャンプを考える ~冬幕検討編 弐~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。