[オガワ/グロッケ8] ~タープ連結の儀~

[オガワ/グロッケ8]にペンタタープとレクタタープを連結してみた。形状は違うが両幕とも約3*3mの外寸で身長175cmの小生は立ったまま畳むことも出来るので雨天時にも使い勝手が良い。。



■[オガワ/システムタープ ペンタ3×3]


袋の中身は幕体と、二又張網7m*2、張網2.5m*4、セッティングテープ3.3m*1。二又張網1本と、セッティングテープはグロッケ8との連結には使わない。

A型フレームの頂点と連結。白色のプラシックカバーを付けないと直ぐにタープが外れてしまう。幕体は0.56kgと非常に軽量。

2.3m長のスライドポールで立ち上げ。



日陰スペースは思いの他小さいがソロキャンプなら必要十分。ファミキャンで雨天時過ごすには少し狭いかも。ポールの長さは210~240cm位が丁度良いかな。

純正タープだけあってテントとタープの隙間もなくピッタリ。雨天時に雨が入ってくることはほぼ無さそうだ。入口のひさし部分はロールアップ可能。


■[エバニュー/TC2タープ]
A型フレームの頂点と連結。縦横の長さは上記システムタープとほぼ同様だが形状の違いから日陰スペースはペンタより広く若干だが影も濃い。ポリコットン素材なので火器を使う場合はコチラの方が安心。親子3人で使用するならこちらの方が使い勝手が良い。色味も同系なので違和感はない。重量は1.35kgとポリコットン生地の割には軽い。

今回の張り方だとテントとタープに隙間が出来てしまい、雨天時に雨が侵入してしまう。張網の位置を変えれば隙間を少なくすることが出来るかも。




■[山渓×Ogawa/フィールドタープレクタDX T/C コットン オフホワイト]
エバニュータープ連結を見る限り、4.2*3.5mの幕は連結するには大きくてバランスが悪いかも。今回は試せず。


■[山渓×Ogawa/フィールドタープ ヘキサDX T/Cコットン サンド]
こちらも同様にA型フレームの頂点と連結には流石にサイズが大きすぎるかな。雨天設営時にヘキサタープを過保護張りもしくは重ね張り、オガワ張りで設営するのがベター。雨天時連結パターンは次回検証。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年9thキャンプ#19@北軽井沢スウィートグラス ~3日目~

2019年4thキャンプ#26@那須野が原公園オートキャンプ場 ~2日目~

ポップコーンを考える2019 ~キャンプおつまみ編~

良幕多しオガワテント ~勝手なリクエスト編~

2018年キャンプを考える ~焚火タープ検討編 その参~

2019年1stキャンプ#23@出会いの森総合公園オートキャンプ場 ~計画編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。