[オガワ/グロッケ8] ~じっくり観察編~

オガワショップにグロッケ8が展示してあったのでじっくり観察してみた。スタッフさんの許可の上、撮影。



ムササビ仕様のタープと連結した形で展示。連結時の大きさでも区画サイトなら問題なく設営できる印象。タープの両サイドのポール長は170cm。



A型フレームで間口は広いが高さが約140cmなので身長175cmの小生だと屈まないと入れない。

幕内は[オガワ/フォームマット2]が2枚敷いてあったが両手前の2隅はボトム立上げ部に若干干渉している。親子3人で就寝するには必要十分のスペースを確保しているが荷物やテーブルを置くスペースは少ない。グロッケ12の化繊モデルがあれば使い勝手が良いかもしれない。



大き目のサイドメッシュは全部で4つ。通気性は良さそうだ。

上部ベンチレーターは2つ。チャックが付いているので内側から作業可能。メッシュも付いているのでベンチレーターからの虫が侵入することはない。入口から入ってきた虫は溜まりそうだけど。

頂上部は外から見ると開放できる感じだが出来ない。

 

ボトムとフライは1端辺り2ヵ所トグルで接続するので計10ヵ所あり少々面倒そう。付けたまま収納すれば良いが、撤収時にまず結露で濡れているので時短乾燥を鑑みると取り外し再設置する必要が出てくるかもしれない。

今回はタープ連結スタイルだが、幕単体でもひさしを前方にペグダウンすることにより雨の入り込みを少しは抑えることが出来る。とはいえ前室はないので、タープと連結したほうが正面の外ラインの干渉もなく雨の入り込みも防げるので使い勝手は良い感じ。

ボトム立上部分の長さは72cmで支柱が入っている。ひさしが付いており雨天時の雨の跳ね返りによる汚れも防止しつつ、4つの大判メッシュパネルにより換気も上々。暑くなければ、ひさしを上げる必要はないので作業は割愛しても良いかも知れない。

ムササビ型のタープなら純正でなくても綺麗に連結できそう。純正ペンタタープとの連結は隙間なくジャストフィットしている。

タープ以外のオプションとしては専用PVCマルチシートとハーフインナー。ハーフインナーは2人が限度な感じなので、家族3人で使用する場合はシングルウォールテントとして使うことになるかな。






所有幕ピルツ15T/Cと比較してみた。大きさの違いもさることがら、生地の異なるため重量は約半分で取り回しは良い感じ。ピルツ15T/Cはハーフインナーを使用して2ルーム的に使用することができるがグロッケ8は就寝スペース限定。総ペグダウン数は意外にも殆ど変わらない



ピルツ15T/C 【項目】 グロッケ8
430*430*310(h) 【外寸】cm 335*215*225(h)
90*40*35 【収納寸】cm 76*28*28
15 【フロア面積】m2 8
ポリコットン+化繊 【幕生地】 化繊
13.4 【幕+シート重量】kg 6.6
4.2 【ポール重量】kg 2.0
7.46 【PVCマルチシート】kg 2.8
25.1 【総重量】kg 11.4
8 【メッシュ】 4
18 【付属ペグ】本 25cm*15、20cm*5本
2.5m*10 【付属ガイロープ数】本 1.5m*9、3m*1
・PVCマルチシートの上で展開できるので作業が楽。
・別途タープを張ると区画サイトでのレイアウトが難しい。
【設営】 ・ペグダウン数は多いが、幕体自体が軽く小さいのでピルツ15T/Cに比べ早く設営できそう。
・幕本体に加えPVCマルチシートが兎に角重いため畳む作業が重労働と化す。
・雨天撤収は幕体を畳んだ後、さらに水で濡れたPVCマルチシートを回収する必要があり大変。
【撤収】 ペグダウン数は多いが、幕体自体が軽く小さいのでピルツ15T/Cに比べ早く撤収できそう。
・特にPVCマルチシートが乾き辛い
・化繊生地の結露もスカートも雑巾で拭かないと中々乾かない。
【乾燥】 ・PVCマルチシートは重いがサイズが小さいので結露で濡れていてもピルツ15T/Cよりも乾燥時間が短くなりそう。
・化繊生地なので結露はピルツ15T/Cに比べ多そう
・暑い季節はフルメッシュにしても熱が籠りサウナ状態になり居られない。 【晴天】 ・フルメッシュでも無風だとかなり幕内温度は上がりそう。晴天時はオープンタープで過ごすので特に問題はない。
・キャノピー立上げでサイドウォールがあるため雨の入り込みは殆どない。 【雨天】 ・ひさしは付いているがピルツ15T/Cに比べると小さいので風が吹くと雨の入り込みは否めない。基本、タープ連結で使う方が吉。
・スカートが内側に折り込まれておりグランドシートもバスタブ型なので風の入り込みは皆無のため暖房効率が高い 【暖房効率】 ・スカートが内側に折り込まれておりグランドシートもバスタブ型なので風の入り込みは皆無のため暖房効率は高い。幕内が狭いので電気ストーブでも十分暖かくなりそう。
・Amazon価格:112,470円(幕のみ)  【参考価格】 ・Amazon価格105,850円(幕79,640+PVC15,722+タープ10,488円)
・ヨドバシ店頭でポイント*0.9を現金値引とすると98,031円

≪私見初感≫
・軽く小さいので雨天時でも時短設営できそう
・親子3人(大人2人+幼児1名)の就寝スペースは確保できそう→フォームマット2は2枚敷くことが出来るが一部干渉
・内側タイプのスカートとバスタブ型のシートのため暖房効率は高そう
・化繊生地のシングルウォールなので結露が多そう
・5角形ボトムだが、ペグダウン数とガイライン数は8角形ボトムのピルツ15T/Cとほぼ同数と思ったより多い
・ムササビ型タープと連結すると雨天晴天時どちらとも使い勝手が良さそう

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア比較2019 ~ソフトコンテナボックス編~

[モンベル/サンダードーム 1型] ~試し張りの儀~

アウトドアフェスティバル2018 ~幕張新都心店編~

2018年3rdキャンプ#13@森のまきばオートキャンプ場 ~検証編~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Plan編~

買ってよかったキャンプギア10選 ~2018年春編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。