[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~ミニシアター化想定編~

次回キャンプは長期連泊となるため雨天を想定して約7年前に購入したミニプロジェクター[VIVITEK/QUMI Q5]を持参し、幕内をプロジェクタ仕様にする予定。当機は本体490g、高輝度500ルーメンとコンパクトな機体ながら明るい部屋でも視認できる性能を有しているが、難点はファンの音が大きいのとSOURCE切替がリモコンのみで本体ではできないこと。[Samsung/Galaxy Note9]をプロジェクタでHDMI接続しSamsung DEXモードで出力する。



次回キャンプで検証したい点は3つ。

【検証①】
長辺側をプロジェクタスクリーンとして代用できるか?赤い楕円部に映写。

【検証②】
複数家族による40インチスクリーン映写は小さくないか?

【検証③】
60インチスクリーン(1430*820mm)を短辺側に設置できるか?ステップワゴンRPに車載できるか?



 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wild-1行脚 ~2018年4月編~

タープポールを考える2019 ~出動パターン編~

秋冬キャンプに向けて ~暖房器具を考える編~

[ホンダ/ステップワゴンRP] ~車載ボックス変更編~

[オガワ/グロッケ8] ~タープ連結の儀~

焚火は贅沢な嗜好品 ~薪のランニングコスト編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。