幕内ローテーブルを考える!! ~2019年夏編~

キャンプ時の座敷スペースは現在90*50cmのコタツを使用している。夏はコタツは使用しないため軽めのローテーブルを検索してみた。

・[エムール/こたつテーブル 90*50cm] 90*50*36(h)cm
収納時の厚みは10cm、耐荷重20kg、重量約10kg?。

使用条件はコチラ。

①天板サイズ90*50cm以下であること
②短辺側が解放されていて荷物の出し入れがし易いこと
③折り畳みができること

・[Salcar/折れ脚 ローテーブル ちゃぶ台 折り畳みテーブル]70*50*32.5(h)/2.8kg
重量3kgと軽量折り畳みテーブル。耐荷重は40kgとなっているが耐久性は低いかも。


・[ザノースフェイス/TNF Camp Table Slim NN31901]78*45*34(h)cm/5kg
デザインはカッコイイしサイズ感のジャストなのだが短辺側にポールがありシェルフとしては使い勝手が悪いかも。


・[不二貿易/ローテーブル ホワイトウォッシュ]80*40*31(h)cm/5.3kg
少し小振りのローテーブル。夏場はこれ位のサイズでもよいかも。


・[ユニフレーム/UFローテーブル 900]90*55*37(h)cm/5.3kg
耐久性が高そうな脚。天板は少し大きめ。


・[ウネボネ/折りたたみ ローテーブル オーク]90*50*33.4(h)/7kg
今使っているコタツテーブルと天板がほぼ同じ感じ。少し重め。


・[ロウヤ/テーブル 折り畳み 木製テーブル]90*50*37(h)cm/9.5kg
おしゃれな造りだが重量が今使っているコタツとほぼ同じ。キャンプというより自宅使用向きの商品かな。


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプ用ピロー4種 ~実使用レビュー編~

レギュラーキャンプギア2019 ~ヘリノックス編~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Do編③~

[BUNDOK/2 ポールテント] ~初張の儀~

G-STOVE HEAT VIEW XL ~オプションの儀~

2019年1stキャンプ#23@出会いの森総合公園オートキャンプ場 ~1日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。