2019年4thキャンプ#26@那須野が原公園オートキャンプ場 ~検証編~

■那須野が原公園オートキャンプ場

○併設公園はそり遊びや遊具等が豊富で手入れも行き届いており綺麗
○サニタリーはお湯が出る
○小さいながらも温泉があり15:00~翌朝8:00迄解放されている
○フリーサイトは桜の木がありお花見キャンプができる(今回は区画電源サイトだが)
△サイトは若干狭い

■幕外レイアウト
短辺側からのペグダウン
短辺側4点をペグダウンし、ポールで立ち上げた後、長辺側4点をペグダウンしたほうが整形がやりやすい。今回は二股フレームを使用。若干マジックテープの取付が面倒。

・ポリコットンタープによるサイドウォール化
トリプルファスナーから230cmサブポールを出して300*285cmタープをサイドウォール調に連結。連結部の隙間も少なく、小雨時に前面を開放しても雨が幕内に入り込まない。ポールを使わずメインポール頂点からガイラインで固定できれば幕内にポールがなくスッキリするかも。

■幕内レイアウト
・L字型キッチンダイニングテーブル
ダイニングテーブルはコタツ、フィールドラックとマルチファンクションテーブル竹にてキッチンテーブル&シェルフをL字型に配置。リビング側からでも土間側からでもコンロ及びキッチンテーブルにアクセスできる。

・サンダードーム1型のカンガルースタイル
インナーテント上部が幕に干渉しサイドに寄せることが出来ない(左)。設置するにはサイドを開ける必要があり(右)、導線が悪くなる。設置画像なし。

リビングスペースにインナーテントを配置したほうが良いかも。以下、[モンベル/サンダードーム1型][アライ/カヤライズ1][Dimples Excel/ワンタッチモスキートネット]のシミュレーション。

・石油&電気ストーブ併用暖房効果
併用で約+10℃の暖房効果。石油ストーブ単体での暖房効果は+6度程度。前回のキャンプと違い雨も降らず風も少なかったのに暖房効果はあまり差がない。やはり幕内空間の広さとシェルターの構造上でスカートをペグダウンしても下から冷気が入り暖房効果が落ちるのかも知れない。

■車載レイアウト

・ソフトコンテナボックス
形状がフレキシブルなため車載レイアウトに適している。固いものを入れるとフレキシブルさが損なわれるのでシェラフやマット等の収納に向いている。

・[クレトム/インテリアバー]
高さアップパーツを取付していたが後ろのバーが走行中にどうしてもずり落ちてしまう。バーの高さを固定できるように試行錯誤してみたが結局取り外すことにした。

■新規投入ギア

・[コールマン/ステンレススチールベルト 51L]
内容量も必要十分でポータブル冷蔵庫と併用することにより夏場のキャンプでも十分使えそう。小傷が付きやすい。

・[スタンレー/スタッキング真空バイントグラス]
嫁が驚くほどの保温性を発揮。条件にもよると思うが今回は15~20分位なら暖かい飲みのもが殆ど冷めることはなかった。

・LEDライト
暖色モード弱で二晩使用してもメモリが1つしか減らず。2泊3日程度なら充電なしで問題なく駆動できるのは便利。加えてコンパクトでスクエアな機体なので収納しやすい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプチャレンジ2019 ~料理編~

[フュアーハンド/ベイビースペシャル 276] ~灯油ランタン開封の儀~

焚火は贅沢な嗜好品 ~薪のランニングコスト編~

[ヘリノックス/TACフィールド4.0] ~アレンジ編~

ファミリーキャンプシーズン到来 ~標高編~

[Susabi/メキシカンダブルハンモック] ~開封の儀~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。