[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~ピルツ15TC比較2019~

オガワのT/C幕を2つ所有しており、先のキャンプでは初めてファミリーユース(大人2人+子供1人)でツインピルツフォークT/Cを実践投入。なのでピルツ15T/Cを改めて比較してみた。

■小生が思うツインピルツフォークT/Cの良い点・悪い点
幕内の開放感や暖房効率はピルツT/Cに劣るが、収納時のコンパクトさ、撤収時の乾燥のし易さには優れている幕。白カラーではなく汚れの目立たない濃色カラー(カーキやモスグリーン)、フロント立ち上げに雨が入り込まないようサイドウォールが付いたら使い勝手が上がる。仕様変更を望む♪

◎ポリコットン生地は極めて結露が少ない
◎長辺側を立ち上げれば結露した化繊生地のスカート部分も直ぐに渇く
〇ポールをスリーブに通す作業がなく、ペグダウン数も少ないので設営が簡単
遮光性が高い
〇フルクローズにしても幕内で寛げる空間を有する
〇フルクローズ時に短辺側から出入ができる
〇殆どの区画サイトでも設営できる外寸サイズ
薪ストーブが3連チャックでインストールしやすい
〇総重量がピルツ15T/Cの約半分と軽い
〇収納時のパッキングもピルツ15T/Cよりコンパクト
△ポリコットン生地のため雨天撤収後はカビ予防のため早期の乾燥が必須
暖房効率はピルツ15T/Cに劣る
△幕内の開放感はピルツ15T/Cより劣る
×フロント立ち上げ時にサイドウォールが付いていないので雨が入り込む
×汚れやすい

ピルツ15T/C 【項目】 ツインピルツフォークT/C
430*430*310(h) 【外寸】cm 630*355*210(h)
90*40*35 【収納寸】cm  65*35*30
15 【フロア面積】m2 たぶん20位
13.4 【幕重量】kg 8.4
4.2 【ポール重量】kg 1.7
PVCマルチシート:7.46
ハーフインナー:2.4
【OP重量】kg 二又ポール:1.6
ハーフインナー:1.6
27.46 【総重量】kg 13.3
【メッシュ】
18 【付属ペグ】本 20
10(2.5m) 【付属ガイロープ数】本 4(2m)+  6(3m)
・PVCマルチシートの上で展開できるので作業が楽。
・別途タープを張ると区画サイトでのレイアウトが難しい。
【設営】 ・白幕で汚れやすいのでグランドシートを敷いてから展開。
・設営は簡単だが、2又フレーム使用時は少し手間がかかる。
・幕本体に加えPVCマルチシートが兎に角重いため畳む作業が重労働と化す。
・雨天撤収は幕体を畳んだ後、さらに水で濡れたPVCマルチシートを回収する必要があり大変。
【撤収】 ・撤収時もサイドグランドシートを再度下に敷く手間が掛かる。
・雨天撤収も幕内の荷物を全て運び出した後、濡れた幕のみたためば良いので比較的楽
・特にPVCマルチシートが乾き辛い
・化繊生地の結露もスカートも雑巾で拭かないと中々乾かない。
【乾燥】 ・フロント/バック共に立ち上げれば速やかに乾燥可
・暑い季節はフルメッシュにしても熱が籠りサウナ状態になり居られない。 【晴天】 ・長辺側/短辺側と4方開放しオープンタープ調とすれば風の通りが良くなり涼しい。
・キャノピー立上げでサイドウォールがあるため雨の入り込みは殆どない。 【雨天】 ・フロント立上げ仕様ではサイドウォールが無いため雨が入り込む
・スカートが内側に折り込まれておりグランドシートもバスタブ型なので風の入り込みは皆無のため暖房効率が高い 【暖房効率】 ・スカートがあるとはいえ強風時は風の入り込みを完全に防ぐことが出来ず、暖房効率が低い

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

良幕多しオガワテント ~勝手なリクエスト編~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~初張の儀~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Check&Act編~

2019年2ndキャンプ#24@成田ゆめ牧場 ~検証編~

7th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Check&Act編~

6th デイキャンプ@実家庭 ~敬老の日BBQ編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。