2019年3rdキャンプ#25@伊豆モビリティパーク ~雨天アフターケア編~

モビリティパークキャンプが雨天撤収となったため、濡れた幕とギアを乾燥するべく早朝の秋ヶ瀬公園へ。特にツインピルツフォークT/Cはポリコットン生地のため2日以内に乾燥しないとカビの生えるリスクがある(オガワスタッフ談)。朝の気温は3℃。寒!

朝の8時でガラガラかと思いきやイベント参加の人やデイキャンの人達がチラホラ。駐車場からすぐ近くの場所もすでに空いておらずテニスコート近くの日当りの良い場所まで移動。

まずはツインピルツフォークT/Cを設営&天日干し。ん~濡れた幕は重い(>_<)。乾燥なのでガイロープは張らず。

グランドシート3枚もビショビショなのでフロントの二股ガイロープに引っ掛けて乾燥。

グランドシート2種のハトメの径は小さいのでエリッゼステーク28cmは入らない。

イエローのシートは葉っぱの付着が多いがグリーンのシートは少ない。素材の違いかな。


Triwonder アウトドア 防水 サンシェード キャンプ シェルター テント タープ フットプリント ビーチ ピクニック ブランケット マット レインフライ ハンモック(グリーン L – 300×300 CM)


Sheng yuan レジャーシート テントシート 300 * 300cm オックスフォード素材 UVカット 高耐水 湿気 熱気をシャットアウト ペグ 収納袋付き アウトドアキャンプ用 (ミリタリーグリーン) 

暫し乾燥中。快晴で適度に風もあり絶好の乾燥日和!グランドシートが風に靡いて鯉のぼりの如く…

乾燥中に[ヘリノックス/TACフィールド4.0]のアレンジも試してみた。コチラは次記事にて。

雨天時に幕内に雨が入り込まないようにするには3*3mシートをサイドウォール的に連結した方が良い。強風時は飛んでいきそうなのでフルクローズにしたほうが無難だが風がなければこのアレンジで前方を開放して過ごすことが出来る。

 

乾燥している間に[FLYFLYGO/モスキートネット]を幕内で設置できるか検証。簡単に張ることはできるが、設置場所が限られるので、ハーフインナーやリビングスペース、棚等を配置した状態で使うには厳しい感じ。

しっかりと乾燥できたので撤収。ん~乾燥前に比べると軽くなり、そして畳みやすい!

帰り際の公園。いつの間にかデイキャンしている人が増えている!夏よりこの季節のほうが虫も少なくむしろBBQベストシーズンな気がする。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テント購入計画! ~2ルームテント検討編~

独断と偏見によるオススメキャンプギア2019 ~寝床編~

キャンプギア総評2017 ~スノーピーク編~

クーラーボックスを考える ~オデッセイRC1助手席配置編~

5th オートキャンプ@キャンプ&キャビンズ那須高原 ~Do編②~

2018年1stキャンプ#11@フォンテーヌの森 ~1日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。