2019年3rdキャンプ#25@伊豆モビリティパーク ~計画編~

今年のファミリーキャンプは1月繰り上げて3月から開始。場所は南下して伊豆方面の『伊豆モビリティパーク』を予定。標高350m、自宅からの距離は約160km。伊豆とはいえ3月の夜は冷えこむことが予想されるため石油ストーブ&電気ストーブを持参。

【キャンプ場】『伊豆モビリティパーク
【予約区画】電源サイト2サイト
【宿泊】2泊
【参加】小生家族+KU家族
【食事】BBQ、たこ焼き、アヒージョ
【出動ギア】
・テント:[オガワ/ツインピルツフォークTC] or [コールマン/アテナ トンネル2ルームハウス]
・タープ:なし
・暖房:[スノーピーク/タクード][デロンギ/セラミックファンヒーター]
・シェラフ:[ナンガ/オーロラDX600]
【タイムテーブル】
<1日目>
06:30- 自宅発
11:00- 伊豆グルメランチ(仮)
13:00- 伊豆モビリティパークチェックイン
17:00- ディナー(冷凍パスタ&おでん)
<2日目>
07:30- モーニング(ホットサンド)
11:00- ランチ(焼肉)
17:00- ディナー(たこ焼き&アヒージョ)
<3日目>
07:30- モーニング(パン)
11:00- チェックアウト
13:00- 伊豆グルメランチ(仮)

■出動テント
テントは晴予報なら結露の少ない[オガワ/ツインピルツフォークTC]、雨予報なら[コールマン/アテナ トンネル2ルームハウス]を出動予定。

■幕内レイアウトシミュレーション
今回初めてファミリーユース(大人2人+4歳児)で使用。レイアウトをシミュレーションしてみた。昼間晴天時は図下方をオープン。

<幕内レアウトA>
一番汎用性が高いレイアウト。ハーフインナーとハバハバNXインナーがあるため虫がいても睡眠時に気になることは無い。フルクローズ時でも長辺側ではなく短辺側から出入できるので

<幕内レアウトB>
夜間虫がいないようならハバハバNXのインナーを置かず、リビングシートの上で寝るのも良し。土間スペースを広く使える。場合によってはコットを配置しても良いかも。

<幕内レアウトC>
リビングシートを横に展開するレイアウト。ハバハバNXがリビングシート上からアクセスできて良いが、土間部分が狭く使い辛いかも。

■料理
今回は炭ではなくカセットコンロで焼肉&たこ焼きをやる予定。焚火台Lは持参するが焚火台としてのみ使用。

■新規出動ギア

・[ユニフレーム/フィールドキャリングシンク]
火にかけられるシンク。冬キャンでは重宝するが、高規格ファミキャンでは普通に食器入れとして使うかな。

・[スタンレー/スタッキング真空パイント0.47L]
保冷保温ができる真空グラス。スタックも可能。

・[クオルツ/BBQフォーク]
マシュマロやソーセージを焼く用に2本補完。

・[パーフェクトバンジー/ヘビーデューティー ストラップ 36インチ (90cm)]
前モデルはフックがプラスチック製でゴム部分にはフックを引っ掛ける輪っかが付いていたが、当モデルはフックが金属製となり輪っかが付いてない。輪っかがない方が強度は増すが汎用性が落ちる。小生の用途では前モデル(オレンジ)のほうが使い勝手が良かった。

・[トーヨー/ポンプ収納器レッド MYS-007]
灯油ポンプの灯油の切れが悪いためケースを補完。

・[シモン/牛床革 背縫い 親指付根補強当て付 特殊オイル加工 107AP-Wオイル]
幕内で使用するためにコンパクトな皮手袋を補完。長時間の耐熱は恐らく無理だが短時間なら行けるはず。

・[オレゴニアンキャンパー/ペーパーホルダー マルチカモ]
万が一のための常時車載用。

・[FESTA/ボアチェアカバー2]
WILD-1で30%引きだったので思わず購入。チェアの頭部部分に引っ掛けられるのでずり落ちない。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年1stデイキャンプ#19@秋ヶ瀬公園

キャンプのお伴 ~雨ギア2018編~

BBQ鉄板レイアウト ~ジカロテーブル編~

夏キャンプの必需品!? ~虫除けグッズ編~

ハンモックで過ごす至福の時間 その③ ~ハンモックチェア分類編~

[ヘリノックス/TACフィールド4.0] ~試し張り編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。