[オガワ/アテリーザ] ~ちょびっと観察編~

オガワの2019年新作テント“アテリーザ”が先行展示ということで見に行っていた。ピルツ15とのスペック比較はコチラ。時間がなかったのでちょびっとだけ観察。


ogawa(オガワ) テント モノポール型 アテリーザ [6人用] 2783

ピルツ15T/C ピルツ15 アテリーザ
外寸 430*430*310(h)cm 430*430*310(h)cm 410*375*260(h)cm
収納サイズ 90*40*35(h)cm 120*28*32(h)cm 80*29*29(h)cm
重さ 17.6kg 14.5kg 10.3kg
フロア面積 15m2 15m2 カタログ記載なし(12m2位?)
ハーフインナー 別売 別売 別売
参考価格 ¥135,000 ¥100,000 ¥105,840

フロントとバックからの外観はコチラ。色が渋くてカッコイイ。ツインピルツフォークもこの色で出ないかな~。入口開口部がピルツ15より広く出入りがし易そう。

頂上及び上部ベンチレーターはなし

両サイドにはとボトム周りにもメッシュパネルあり。ピルツ15は頂上部開放と2カ所の上部メッシュパネルがあるがアテリーザも通常使用には十分な換気能を有している印象。前後のメッシュは広大で通気性は高そう。

展示幕の入り口はタープ調になっているが、サイドウォールを閉じれば雨の日の出入の際に濡れなくて済む。ピルツ15と同様。

お座敷スタイルのリビングスペースにはホットカーペットが敷いてあった。Y字型ポールのためかデッドスペースはピルツ15よりも少ない印象。

 

ハーフインナー。ピルツ15と同様大人3人使用だと少し狭い印象。

こちらが噂のY字ポール。Y字の付け根部分に負荷がかかりそうだがまあ大丈夫なのだろう。ピルツ15の高さは310cmだが、アテリーザは50cm低い260cm。Y字ポールのためかピルツ12のような閉塞感は感じない。280cmのタープで過保護張りもできそうだ。

フロア面積はピルツ15より少し狭いがY字ポールデッドスペースが少ないので実質有効スペースはほぼ同等といった感じ。ピルツ15のフロア形状は八角形だが、アテリーザは六角形なのでペグダウン数も若干少なくて済むのだろう。Y字ポールの負担を考えるとT/C幕は出ないかな。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

[オガワ/ファシル] VS [オガワ/ティエラリンド] ~仕様比較編~

2018年1stデイキャンプ#20@秋ヶ瀬公園

備えあれば憂いなし ~ジャンプスターター編~

2021年12thキャンプ#64@駒出池キャンプ場 ~LookingBack~

串揚げのタレを考える2019 ~キャンプ編~

Year2022-18th-CAMP#90@たかはら花畑キャンプ場 ~1st D...