[エプソン/プリンタ EW-M770T] ~2019年年賀状作成編~

午前中は娘の保育園での生活発表会!昨年違い良く声も出てていて良くできました(^▽^)/。

午後は2018年4月に新たに導入した大容量インクタンクモデルの[エプソン/プリンタ EW-M770T]で2019年の年賀状作成に勤しむ。インクタンクモデルはカートリッジタイプに比べ印刷品質が低いと言われているが必要十分な程には綺麗である。本体は高いがランニングコストは安く、何より頻繁なインクカートリッジ交換の手間が少ないは精神的な負担が少なくなる。

インクジェット用年賀状に50枚程印刷したら…途中から縦筋が酷くなり(上部分)、
ヘッドクリーニング1回行うも今度は色味が変わって(下部分)しまった(>_<)。

トラブルシューティングを見ながら3回ヘッドクリーニングをするもノズルチェックパターンが改善されず、強制ヘッドクリーニングをしようとしたら今度はメンテナンスボックス(EWMB1)を交換して下さいとのメッセージが。

同包されていたメンテナンスボックス(EWMB1)が見つからず、近所のヨドバシに在庫がない(´;ω;`)ウッ…。止む無く追加で2回ヘッドクリーニングを行ったところノズルチェックパターンの印刷が改善され印刷も通増通り出来るようになった。Yは完全に沈黙、PBが一部沈黙していた。

他の人のブログ等を参照してみるとどうやらインクタンクモデルは結構直ぐにメンテナンスボックスが一杯になってしまうようだ。なので最初から予備のメンテナンスボックスが1個入っているんだナ。今回は印刷不良で10枚程年賀状を無駄にしてしまった。次回からは印刷前にはヘッドクリーニングとノズルチェックパターンの印刷確認をした上で印刷開始、印刷中もチョイチョイ確認しておき“印刷のカスレ”の兆候が見られたら直ぐにストップするように注意しよう。マニュアルでは3回となっていたが今回は5回実施してやっと回復した。メンテナンスボックスも印刷ができなくってしまうため予備を常備しておかなければならない。

その後、予備のメンテナンスボックスも見つかった。年賀状約130枚印刷してインクの目盛りは1/4に減った程度。我家の使用方法では3年位持ちそうだ…故障が無ければだけど。

≪教訓≫
①印刷前にノズルチェック&ヘッドクリーニングする
②印刷中は定期的に印刷状態を確認する
③印刷にカスレや色ズレがあった場合はヘッドクリーニングを数回行う
④強制ヘッドクリーニングを実施する際にメンテナンスボックスの予備は1つ用意しておく

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボトル or カートリッジタイプ!? ~プリンタ検討編~

[Lenovo/TAB4 8 Plus] ~8インチタブレット検討の儀~

[Samsung/Galaxy Note9] ~TV出力&スライドショー編~

Huawei/MediaPad M3 ~1週間レビューの儀~

プリンタに「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」というメッセージが出た...

[HP/ENVY 700-260j] ~リカバリ編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。