[ホンダ/ステップワゴンRP] ~ベッドキット構想編~

[ホンダ/ステップワゴンRP]にはサードパーティ製のベッドキットが販売されている。主にシェルフとして使用するためクッションは20mm、色はシート色と併せても違和感のないダークグレーが良いかな。ベッド仕様の際は別途ウレタンもしくはインフレーターマットを使用する予定。マット下の高さはジカロテーブル(40cm高)を縦に配置するために42もしくは44cm仕様にしたほうが良さそう。

・クッションの厚みは2タイプ(20mm/40mm)から選択
・色は4色(ブラック/ダークグレー/ベージュ/アイボリー)から選択
・2列目座席を格納した状態の広さは約200*130cm(後方は少し狭目)
・2列目座席を使う場合の広さは約130*94cm(後方は少し狭目)
・2列目片側のみロング仕様も可能(8人乗りの場合は右側アームレスト側を格納)
・マット下の高さは40/42/44/46cmの4段階調整可能

キャンプ時のメイン車載品の規格はコチラ。

・[アステージ/アクティブストッカー800]
外寸:80*38*H33.3(h)cm
クッカー、電気類等を2つのボックスに分けて格納。収納時の重さは1個当たり約20㎏。高さは33.3cmなのでベッドキットの下にも入る。

・[クオルツ/3ホイールギアコンテナ]
外寸:90*45*30(h)cm←横置、90*30*45(h)cm←縦置
寝具類を格納。収納時の重さは約20kg。横置ならベッドキットの下に入るが縦置きだと厳しい。

・[ロゴス/サーモテクト30L]
外寸:51.5*38*31.5(h)cm
ベッドキットの下に入る。

・[ロゴス/アクアストレージストックボックス]
外寸:45*29*30(h)cm
ベッドキットの下に入る。

・[テンマ/ロックス 740-2L]
外寸:74*44*36(h)cm
薪ストーブ格納ボックス。ベッドキットの下に入るが機体が大きいので難しいそう。

・[オガワ/フォームマット2]
外寸:200*120*1.5(h)cm、200*60*3(h)cm←二つ折り時
ウレタンマット。ベッドキットフルモードの時にほぼジャストサイズ。

・[ニーモ/オーラ25L]
外寸:193*64*3.8(h)cm
インフレーターマット。ベッドキットハーフモードの際にほぼジャストサイズ。

・[ハック/ポップアップ マルチ収納ボックス 55L]
40*40*45(h)cm
[スノーピーク/タクード]を格納しているボックス。ベッドキットの下には入らない。タクード単体は38*38*34(h)cmなので入る。

・[リマ/ステンレス ジャグ ムート 10]※未所有
26*26*29(h)(cm)
ベッドキットの下に入る。

・[エムール/折れ脚こたつテーブル 90]※未所有
90*50*36(h)cm
ベッドキットの上にシェルフとして配置できそう。横幅50cmと細身なのでアクティブストッカー800を2つ並べても大丈夫な感じ。このサイズでフラットヒーターモデルがあれば言うことなしなのだが。

・[SKB/フラットヒーターコタツ 折りたたみ ウオールナット]※未所有
90*60*37.5(h)cm/16.1kg、200Wのフラットヒーター仕様の折り畳みコタツ。フラットヒーターで付けたままも違和感がない。車載シェルフとして使う場合奥行60cmは少し大きいかも。

・[NBL/チェアマット 木目 撥水・防炎 ホワイト 90×120cm]
2列目乗車仕様の際の3列目のベッドキットの上にジャストフィットする大きさのはず。ベッドキットのシートの保護兼コタツテーブルのマットとしても使えそう。

メーカーHPの画像を引用させて頂きキャンプギアの配置をシュミレーションしてみた。実検証は納車後。フルベッド仕様時の広さはフォームマット2とほぼ同じ。テント内にマットを並べれば簡易ベッド調になり、地面からの冷気も遮断されて良いかも。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年キャンプを考える ~冬幕検討編 弐~

15th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~GW極暑編~

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~1日目~

キャンプデビュー談議 その四 ~寝具編~

2018年8thキャンプ#18@北軽井沢スウィートグラス ~3日目~

2018年キャンプを考える ~ハイバックチェア編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。