[ナンガ/オーロラ600DX] ~開封の儀~

冬キャンプ用に[ナンガ/オーロラ600DX]を保管したので早速、開封の儀を執り行う。

左は[ナンガ/ラバイマーバッグW600]、右は[ナンガ/オーロラライト450DX]。[ナンガ/ラバイマーバッグW600]と[ナンガ/オーロラ600DX]のダウン量は同じ600gなのにパッケージサイズが随分と違う。

収納袋は2重に締めることができるのでし易い。

オーロラライトシリーズと違いショルダーウォーマーが付いている。

チャックは表裏両方から操作可能。チャック開閉も噛まずに速やか。

裏面はボックスキルト構造?オーロラライトはシングルキルト構造。正直よく分からん。

フロントはこんな感じ。オーロラライトシリーズに比べ幕は厚め。身長175cmの小生が寝てみたが正にジャストサイズ、オーロラライト450DXより若干だがゆとりがあるように感じた。

楽天山渓の50周年記念のオマケのまな板。ペグが刺さっていて引っかけらえるようになっている。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビーチサイドの日除けは必須!? ~サンシェード&タープレビュー編~

ウォータージャグを考える2018 ~ステンレス製編~

2018年12thキャンプ#22@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

クーラーボックスを考える ~2泊3日キャンプの場合~

容量30L以下のポータブル冷蔵庫を考える!! ~2019年夏編~

キャンプギア2019 ~スタメン編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。