シェラフを考える2018 ~冬キャンプ編~

11月とは思えない位のポカポカ陽気なので娘と『彩湖道満グリーンパーク』に行ってきた。車の温度計では22℃で風もなく穏やかなので少し動けば半袖でもイケる程。BBQ広場では最繁期に比べると空いているが何組かデイキャンをしていた。ん~今日位の天気ならデイキャンでもよかったナ…前回来た時と違い遊具がバージョンUPしてた。迷路のようなお花畑もバンジーが咲き誇り綺麗だった。

さて、今回の記事はシェラフ。キャンプを始めた頃、嫁娘様に封筒型の[ロゴス/ミニバンぴったり寝袋-2℃冬用]を、小生は3シーズン用の[ナンガ/オーロラライト450DX]を使っていた。

[ロゴス/ミニバンぴったり寝袋-2℃冬用]はシェラフ仕様のときは2枚連結もできファミキャンでは3シーズン使えて重宝していた。しかしながら収納時はクッションとして使えて便利かと思ったが、サイズが大きくしかも表面が滑るので車内でも幕内でも使い勝手が悪い(>_<)。クッションとして使わないとなるとパッキングサイズが大きいので車載を圧迫し、ダブルサイズのダウンシェラフ[ナンガ/ラバイマーバッグW600]に買替。こちらは3シーズン用として使うには問題ないがダブルサイズでダウン量600gと少なめなので冬キャンプで使うには少々心もとない。[ナンガ/ラバイマーバッグW600]は“ふるさと納税”の返礼品としてもGETできた(当時)。

小生のメインシェラフ[ナンガ/オーロラライト450DX]は快適使用温度は-5℃の軽量シェラフ。3シーズンで使えるので冬を除くキャンプで使え汎用性が高くオススメ。ちなみに夏は掛布団として使用。ナンガの“オーロラシリーズ”はシュラフ自体がオーロラテックスという防水素材なので、別途防水用のシュラフカバーが不要なのが良い。レギュラーサイズは身長175cm迄とされるが、小生の身長も175cmとジャストサイズで少々キツキツ感あり。湯たんぽ等を使うと結構窮屈となる。ロングサイズだと適応身長が+10cmの185cm、最大長は+18cmの228cmとなり湯たんぽをいれても余裕がある。湯たんぽを入れずの使用だと余白が多くなり保温性が低下するかもしれない。また、[ニーモ/オーラ 25L SD 64*193]の上に載せるとレギュラーはジャストだがロングだとはみ出てしまいこちらも保温性を損ねるかも。対応身長丁度の身長はサイズ選びが難儀する(>_<)。

レギュラーサイズ】最大長210cm×最大肩幅80cm
【収納サイズ】φ14×30cm
【対応身長】175cmまで
【総重量】865g
【中綿】フィルパワー760FP(ダウン量:450g)

ロングサイズ】最大長228cm×最大肩幅85cm
【収納サイズ】φ14×30cm
【対応身長】身長185cm
【総重量】865g
【中綿】フィルパワー760FP(ダウン量:450g)

これまでの冬キャンプではストーブ使用下で[ナンガ/オーロラライト450DX]を使用していたが、明け方の冷え込み、石油ストーブの燃料が切れた時や、薪ストーブも火力が弱った時は寒くて目が覚めることがあった。ということで快眠を担保するべく1つ上のクラスのシェラフを検討してみることにする。表生地にやはりオーロラテックス(多孔質ポリウレタン防水コーティング素材)を使用しておりシュラフカバーがなくても使用できるオーロラシリーズが良い。冬キャンプ専用で厳冬期や登山では使わないため、保温性優先でオーラライトシリーズではなく通常のオーロラシリーズが良い気。

<オーラライトとオーロラシリーズの違い>
・オーロラライトのほうが生地が薄い(オーロラライトは20dn、オーロラは40dn)
・オーロラライトは背中側がシングルキルト構造(オーロラは、ボックスキルト構造)
・オーロラライトはショルダーウォーマーがない(オーロラはある)

450g以上のダウン量は600g/750g/900gモデルがあり悩みどころだが、原則冬はストーブ併用のキャンプとなるので600gで必要十分かな。悩みどころはレギュラーかロングサイズか…少々窮屈感はあるがジャストフィットのレギュラーサイズか、広々と使えるが余白分保温効率が落ち、マットからもはみ出てしまうロングサイズか…。所有しているウレタンマット[オガワ/フォームマット2]とインフレーターマット[ニーモ/オーラ 25L SD 64*193]はレギュラー仕様でロングだと足元がはみ出してしまう。枕をマットの上に設置すれば大丈夫だがそれだと寝がえりし辛い。一長一短だがトータルで考えるとレギュラーサイズの方が良いかな…

オーロラ600DXはナンガx山渓コラボモデルも販売されている。カモ柄は汚れもカモフラージュしてくれるのでキャンプ使用に向いている。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア総評2017 ~ユニフレーム編~

折りたたみキャリーカート ~検討編~

[Suaoki/ポータブル電源 G500] ~開封の儀~

2018年8thキャンプ#18@北軽井沢スウィートグラス ~検証編~

8th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

2018年4thキャンプ#14@北軽井沢スウィートグラス ~3日目~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。