ソロテントを考える ~冬幕編~

冬になると男だけで1人1テントでキャンプに行く機会が増える。夏なら通気性の高い[MSR/ハバハバNX]の出動となるが、冬だと流石に寒く、強風時のリビングスペースを確保することはできない。ピルツ15TCなら1人なら寝室とリビングを分けることができ2ルーム的に使用することができ、石油ストーブや薪ストーブも配置できるがデュオ使いなら兎も角ソロで使うにはオーバースペック。今回、ソロでも使えて石油ストーブ(使用は自己責任)も設置できるテントを模索してみた。

■前室の広い小型ドーム型テント
[ogawa/ヴィガス]
前室の天井が高いので石油ストーブも設置し易い感じ。ポールが長いので取扱に気を使いそう。

■3ポールの小型トンネル型テント
[DOD/カマボコテントミニ][グランドキャニオン/ロブソン3][CAMPFEUER/イグルーテント3][CAMPFEUER/トンネル4 オリーブグリーン]
何れも3ポール仕様のトンネル型テント。こちらもソロというよりデュオ向きのサイズ。現在、4ポール仕様のトンネル型テント[コールマン/トンネル2ルームハウスLDX]を所有しているためバックアップとしては良いが追加幕にはならない。

■2ポールシェルター
[ogawa/ツインピルツフォークTC]
石油ストーブは勿論、ポリコットン生地なので薪ストのインストールも容易。スカート付きなので冬でも熱気が逃げ難い。懸念点は生地カラーがポリコットン素材の白なので、泥系の地面だとシートを引かないと汚れやすいので2ポールシェルターの簡単設営のベネフィットをスポイルしてしまう。化繊モデルなら汚れが落ちやすいためグランドシートの必要性は低い。通常カラーとブラックモデルがあるがイマイチ配色が好みではない。

[キャンプマニア/プレシャス]
石油ストーブは勿論、薪ストのインストールも容易。スタンディングテープは付いていないので設営には慣れが必要になるかも。また、スカートがないのでメンテナンスが楽だが冬は風が入り込み寒い恐れがあるがある程度はアレンジで対処できそう。現在、小生の条件に一番マッチしている幕だがネックは18万強というその値段。セールもないのでツインピルツフォークTCをセールなら2つ購入できる勢い(>_<)。

[バンドック/2ポールテント BDK-02]
ツインピルツフォークより若干小振りな2ポールシェルター。真夏の遮光性は期待できないが、何よりも安価なので気軽に使えるのが魅力。スカートは付いていないが、ハーフインナーは2つ付属。ツインピルツフォークの様に両サイドからのアクセスはできない

結局のところ、冬のソロで使い勝手が良いのは2ポールシェルター+ハーフインナー+石油ストーブの組合せかな。タープアレンジでソロもしくはデュオでも春夏秋冬使える。[キャンプマニア/プレシャス]が欲しいけど高値過ぎるので、最初は[バンドック/2ポールテント BDK-02]で2ポールシェルターの練習と使い勝手を検証するというのもアリかもしれない。ツインピルツフォークの濃色化繊モデルがでれば直ぐにでも食指が伸びそうだ。

[オガワ/
ツインピルツフォーク]
[オガワ/
ツインピルツフォークTC]
[キャンプマニア
/プレシャス ウッドポール]
[バンドック/2ポールテント]
【展開サイズ】 630*355*210(h) 630*355*210(h) 620*360*200(h) 600*300*210(h)
【収納サイズ】 65*25*25(h)cm 65*35*30(h)cm 70*25*25(h)cm 65*27*25(h)cm
【幕体重さ】 4.42kg 8.4kg 6.2kg 7.5kg
(総重量)
【ポール重さ】 1.6kg 1.7kg ? ?
【参考価格】 ¥64,443 ¥92,154 ¥185,760 ¥32,859

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホットサンドメーカー ~2個目検討編~

15th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~GW極暑編~

2018年9thキャンプ#19@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

10th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~秋晴れ秋ヶ瀬編~

ヨドバシ行脚 ~2018年秋編~

備えあれば憂いなし ~ポータブル電源編~