[キャンプマニア/プレシャス] ~2ポールシェルター迷走編~

小生の2ポールシェルターに求める案件はコチラ。[ニーモ/ヘキサライト6P]は軽量で汚れに難い色味だが六角形タイプで設営が小生にはやや難解だったため手放した経緯がある。

『デイキャンプやビーチサイドでの使用が主』⇒スカートは必要なし
『テントというよりむしろタープとしての機能を重視』⇒タープメインなら高さは2.4mは欲しく、設営がタープに近い八角形タイプが希望
『汚れが目立たないカラー』⇒設営時間時短のため極力シートを広げずにそのまま設営したいので濃ブラウンや濃グリーンカラーが良い
『手軽に持ち運びができる軽量タイプが良い』⇒ポール併せて10kg未満

現状、一番気になるのは“ツインピルツ”だが今一歩購入に踏み切れない(>_<)。

・[オガワ/ツインピルツフォーク]
化繊素材(サンドカラー or ブラック)とT/C素材の3種。T/C幕は遮光性も高く、火にも強いがその分重く、オフホワイトカラーなので汚れやすい。タープメインで考えると軽量な化繊素材のほうが汚れ難く、汚れた場合も落ちやすいので使い勝手が良い。ただ、生地が薄いので真夏のビーチサイドだと遮光性にやや懸念を感じる。化繊モデルのブラックなら遮光性は高くなるが、フルクローズした時に暗いのが難点。ん~もう少し黒でない濃色カラーモデルがでないかな…

とネット記事を物色していたら良さ気な2ポールシェルターがあった。何故今まで見落としていたのか疑問。

・[キャンプマニア/プレシャス]
老舗テントメーカーの『CAMPAL JAPAN』にて別注製作した製品。メーカーの紹介文によるとポリエステルスパンと呼ばれる特殊生地を使用しており、手触り感や見た目はまるでコットンのようだが綿と比べると耐水性や耐候性が遥かに高く、遮光性にも優れているとのこと。アルミポール仕様とウッドポール仕様の2種類あり、ウッドの方が1万円高い。ツインピルツと長さ-10cm、幅+10cm、高さ-10cmと若干小振り。オプションとして二又ポールはプレシャス専用のものが用意されている。ハーフインナーはツインピルツフォークと共用可。スタンディングテープはツインピルツと違い付属していないようだ。

サイズ:620*360*200(h)cm
収納時:70*25*25(h)cm
重さ:6.2kg(幕のみ)

[ツインピルツ]と[プレシャス]の仕様を重さ順に並べてみた。[プレシャス]は化繊よりも重くT/Cよりも軽い。

[オガワ/
ツインピルツフォーク]
[カナディアンイースト/
ツインピルツフォーク
ブラック]
[キャンプマニア
/プレシャス ウッドポール]
[オガワ/
ツインピルツフォーク
TC]
【展開サイズ】 630*355*210(h) 630*355*210(h) 620*360*200(h) 630*355*210(h)
【収納サイズ】 65*25*25(h)cm 65*25*25(h)cm 70*25*25(h)cm 65*35*30(h)cm
【幕体重さ】 4.42kg 4.42kg 6.2kg 8.4kg
【ポール重さ】 1.6kg 1.7kg ? 1.7kg
【価格】 ¥64,443 ¥98,280 ¥185,760 ¥92,154

高さが若干低いが小生の理想に一番近い2ポールシェルター。一番の問題は値段がかなり高めに設定されていること。しかもセール等はないようだ…ということで当面迷走状態は続く。

〇汚れにくいベージュカラー
〇スカートがないので撤収時のメンテが楽
〇遮光性が高い
△高さが200cmとタープとして使うには少し低い
×スカートがないので冬幕、風幕としては使い難い
×高値

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

17th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~猛暑早期撤収編~

[オガワ/ツインピルツTC] ~彩湖道満グリーンパーク展示会編~

キャンプ料理チャレンジ!? ~インスタントスモーカー燻製編~

[マキタ/リチウムイオンバッテリーシリーズ] ~キャンプ応用できるかな編~

2nd オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Check&Act編~

キャンプギア補完計画 ~敢行編~