ハンモックで過ごす至福の時間 その③ ~ハンモックチェア分類編~

“ハンモックの購入履歴”⇒“ハンモックの分類”に引き続き“ハンモックチェアの分類”の私見記事を書いてみる。大き括るとハンモックはコット系、ハンモックチェアはチェア系。ハンモックは寝転ぶのがメインで、チェアは座るのが主。転寝するならハンモック、読書や談笑するならハンモックチェアが適している。ハンモックチェアはハンモック程多くの種類が販売されている訳ではないが、近年人気も増えてるためか増加傾向なイメージ。

最近増えてきているハンモック常設カフェに行ってみるのも良い。実際に那須の『フィンランドの森 ハンモックカフェ』に行ってみたが結構楽しかった。生地の種類は前の記事“ハンモックの分類”と同じなので割愛する。

■サイズ■
小生が所有している[ゆるふわモック/テュオ]とお気に入りのハンモックショップ「Susabi」のハンモックチェアのサイズを比べてみた。Susabiのサイズ感はMは1人用、Lはゆったり1人用、LLだと脚が伸ばせる大きさ。

項目 Susabi ゆるふわモック
Mサイズ
(ベーシック)
Lサイズ
(クラシコ)
LLサイズ
(グランデ)
チュオ
座面の高さ 140cm 160cm 210cm 記載なし
座面の幅 105cm 115cm 140cm 記載なし
バーの長さ 110cm 140cm 98cm
全高 155cm 170cm 185cm 150cm
設置に必要な高さ 200cm 220cm 235cm 200cm
バーの材質 記載なし
生地・タイプ コットン・布 コットン・
耐荷重 130kg 140kg 160kg 330kg
製造国 コロンビア ベトナム
重量 記載なし 記載なし 記載なし 1.4kg

■自立式スタンド■
Susabiハンモックチェアの自立式スタンドはハンモックスタンド比べるとフロアの設置面積は小さいが、高さがありその分重量もある。ハンモックチェアスタンドは重量が20kg弱となるためキャンプというよりむしろ自宅のリビングや庭等で基本据え置きで使ったほうが良い感じ。

サイズ 重量 耐荷重
ハンモックチェアスタンド 270*100*100(h)cm 10kg 200kg
ハンモックスタンド 113*133*200~250(h)cm 18.5kg 150kg

■ハンキングチェアー■
バーのない1点支持の[なわぞう/ハンギングチェアー]や[Susabi/子供用ハンギングチェア]もある。那須『フィンランドの森 ハンモックカフェ』にもテラスに置いてあったが取り付け位置が低く、大人が乗ると地面に着いてしまい使えなかった。4歳の娘は楽しんでいた。

自宅使いなら[Susabi/ハンモックチェアLサイズ(クラシコ)スタンドセット]、毎回のキャンプ場レンタル費が勿体ないなら[ゆるふわモック/チェオ]辺りがオススメかな。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Suaoki/ポータブル電源 G500] ~ソーラー充電の儀 その壱~

2018年4thキャンプ#14@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

キャンプギア ~スポーツオーソリティ割引率をアマゾンと比較してみた~

2018年キャンプギア展示会 ~アウトドアデイジャパン 東京編~

キャンプギア補完計画 ~2018年2月編~

1st オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。