[オガワ/ツインピルツフォーク TC ] ~再注目編~

この前、オガワショップに行った際にスタッフのおじさんが[オガワ/ツインピルツフォーク TC]のメリットとデメリットを教えてくれた。

○遮光性が高い⇒白幕だがTC生地は遮光性が高い
○温度上昇が少ない⇒TC生地は温度上昇が少ない。オガワのおじさんの体感だと5℃は違うといっていた(条件不明)
○火に強い⇒オガワのおじさんによると火に強いというのは言い過ぎだと思うが、化繊に比べると燃えにくいといった表現が正しいとのこと
×汚れやすい⇒砂地や雨上がり、朝露の芝生でも結構汚れる。汚れは雑巾等であまり擦らない方が良い。設営の際は12畳ブルーシート(5.4*3.6m)を敷いたほうが汚れ防止となる。
×重い⇒TC幕8.4kgと化繊幕4.42kgと約4kg重く収納パッケージも大きい。TC幕は雨に濡れると更に重くなる。
×乾燥必須⇒化繊幕に比べるとカビが生えやすいので出来れば濡れたまま撤収した場合は遅くとも翌々日には乾燥したほうが良い。

オガワのおじさんの話を含めると、雨さえ降らなければTC幕のほうが夏冬問わず使い勝手は良さ気。難点は汚れやすいことと、雨に弱いこと。汚れ防止にブルーシートを敷くのは確かに汚れ防止となるがそれだと2ポールテントの簡単設営のベネフィットをスポイルしてしまう。デイキャンやビーチサイドなどで汚れを気にせず気軽に設営することを考えると化繊幕の方が使い勝手が良い…ブラック幕もあるけど夏に使うのは何となく気が引けるしな。ん~ということで当面悩み継続かな~。年末の叩き売りがあったら買っちゃうかも知れんけど(^▽^)/

ツインピルツフォーク ツインピルツフォークT/C TCは化繊に比べ
サイズ 630*355*210(h)cm 同じ
収納サイズ 65*25*25(h)cm 65*35*30(h)cm 奥行+10cm、高さ+5cm
重さ 6.02kg
(幕4.42kg+ポール1.6kg)
10.1kg
(幕8.4kg+ポール1.7kg)
重さ +4.08㎏
Amazon ¥64,616 ¥92,153 価格差+¥27,537
メリット 軽い」「収納が小さい」「汚れにくい」「安い」 断熱効果高い」「結露しにくい」「火に強い ※TCの方が薪ストーブをインストールしやすい
デメリット 「暑い」
「断熱効果低い」
「火に弱い」
「重い」「収納が大きい」「汚れやすい」「高い」

TC幕の外箱は化繊幕より一回り大きい。デイキャンやビーチサイドでタープとして使うなら化繊幕の方が車載もし易いし運びやすい。化繊幕でブラウン等の濃色でないかな~。

TC幕で汚れの目立たないサンドカラーが今後発売される予定かどうかを聞いてみたが、情報はないとのこと。只、他のモデルにオフホワイトのTC幕が追加されるがどの幕かは発表まで楽しみにしていてとの話。ちなみにピルツ12ではないようだ。ちなみいに現在のオガワのTC幕シリーズはコチラ。ん~メジャーなところだとティエラシリーズかな?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年キャンプギア展示会 ~アウトドアデイジャパン 東京編~

キャンプギア2018 ~バックアップ編~

ハンモックで過ごす至福の時間 その② ~ハンモック分類編~

17th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~猛暑早期撤収編~

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~1日目~

8th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Do編①~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。