ホットサンドメーカー ~2個目検討編~

現在、[コールマン/ホットサンドイッチクッカー]を使用しており、ホットサンドがキャンプの朝食の定番となっている。柄がネジ式で取り外しできるため収納がコンパクトになる一方、毎回の取り外しが少し面倒。また、柄が小さく細いので少し不安定な時がある。今回、2個目のホットサンドメーカーを購入するべく検討してみた。

<ホットサンドメーカーに望むこと>
・上下取り外しができること(洗いやすい)
・パンの耳を切らずに使えること(面倒なので)
・柄がしっかりししていること(取り外し可否は問わず)
・焚火で使えると尚良

Wild-1行脚時に[テンマクデザイン/マルチホットサンドメーカーⅡ]なるものを発見。18mmと28mmのクッカー付きで、6枚切りと分厚いロースカツを合わせたボリューミーなホットサンドも作れらしい。また28mmで目玉焼きやソーセージを焼いて、18mmでサンドすることも出来る。柄は取り外しはできないがその分、太くて安定感があり使いやすそう。難点は大きさと重量かな。収納袋は仕切りがあって別々に収納できる。焼印の“ほ”も微笑ましい。

Amazonでホットサンドメーカーを検索してみて気になるものが3点。
まずは[エリッゼ/TSBBQ ホットサンドメーカー]。端までしっかり圧着できるので具材がはみ出ない。

2つ目は[ペトロマックス/サンドイッチアイアン]。柄が長く鋳鉄製なのでコンロ使用は使いずらいが焚火使用には向いていそう。収納性とメンテナンス性は落ちるが、代替製品は少なくレア感あり。本体部は大き目で具材をたくさん入れても大丈夫そうだが周囲の圧着は弱そうかな。

3つ目は[Oigen/南部鉄 ホットサンドメーカー]。柄も鉄製のオール鋳鉄の趣のあるホットサンド。重くメンテナンスも面倒そうだが、これで作ったホットサンドはさぞかし美味しいんだろう…柄も少し長めなので焚火でも使えそう。本体部は少し小さ目で浅い感じ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6th オートキャンプ@ウッドルーフ奥秩父 ~Plan編~

気になるキャンプギア ~2018年冬編~

1st オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

[キャンプマニア/プレシャス] ~2ポールシェルター迷走編~

北軽井沢スウィートグラス ~2区画予約パターン編~

2018年7thキャンプ#17@北軽井沢スウィートグラス ~計画編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。