キャンプデビュー談議 その四 ~寝具編~

キャンプデビュー談議全5回シリーズの第4段。


寝袋とかマットとかってどういう目安で選べばよいですかね?

自宅に布団セットがあれば最初はそれで代用しても良いと思きます。夏場ならかけ布団は薄めのものでも大丈夫ですしね。寝袋はシェラフと呼ばれ大きく分けて封筒型とマミー型の2種類あります。特にシェラフはキャンプへ行く季節で一番寒い温度を想定して選ぶのが大切です。以前、GWキャンプに行った際に夜の気温が2℃と日冷え込み、軽装備だったため寒くて寝れなくて難儀した苦い思い出があります。マットも空気を入れるタイプとそうでないタイプがあります。

封筒型とマミー型の違いって何ですか?

封筒型のほうが普通の布団に近く窮屈感はなく、2つを連結して使うことができるものもあります。その分収納サイズは大き目です。マミー型が登山でも使われることも多く保温性が高くコンパクトなものが多いです。

ちなみに今使っている寝袋ってなんですか?

私はマミー型のダウンシェラフ[ナンガ/オーロラライト450]と嫁娘は[ナンガ/ラバイマーバック600を使っています。両方共3シーズンモデルといわれるタイプですね。嫁娘は以前は封筒型の[ロゴス/ミニバンぴったり寝袋-2]を使っていたんですが収納サイズが大きいのでふるさと納税を利用してダブルサイズのダウンシェラフに切り替えました。GWの北軽井沢SGキャンプで2℃と冷え込みが厳しいときでも電気毛布と併用して乗り切りました。

ダウンシェラフは軽くて小さいのは魅力的ですが高いですね~(>_<)。ちなみにマットはどんな感じですか?

コチラも十人十色ですね~。硬くても大丈夫な人もいれば私の様に固いと熟睡できないケースもあります。ポイントは厚みと断熱性。私は過去1年色々と検討した結果、1.5cm厚のウレタンマット[オガワ/フォームマット2]の上に4cmのインフレーターマット[ニーモ/オーラ25L]を重ねて使用しています。今のところコレが一番寝心地が良いですね。ウレタンマットは収納サイズは嵩張りますが展開収納は簡単なのでリビングマットとしても使っています。また砂利サイト等で硬さを感じるときはウレタンマットを二つ折りにします。インフレーターマットは収納サイズはコンパクトですが特に収納作業は大変です。

最初は客用布団で代用しようと思います。

余談ですけど枕、ピローも重要です。私も嫁もエア径ピローも[イスカ/ノンスリップピロー]と[スノーピーク/ストレッチピロー]と2種類試しましたがエア量を調節してもどうにも合わず。結局、低反発素材の切れ端を詰め込んだ[サーマレスト/コンプレッシブルピローM]に落ち着きました。収納サイズは少し大きいですが寝心地は抜群で我家にはジャストフィットでした(^▽^)/

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クーラーボックスを考える ~2泊3日キャンプの場合~

[オガワ/ツインピルツフォーク TC ] ~再注目編~

キャンプギア総評2017 ~スノーピーク編~

キャンプギア補完計画 ~2018年3月編~

2018年6thキャンプ#16@メープル那須高原キャンプグランド ~計画編~

キャンプギア ~スポーツオーソリティ割引率をアマゾンと比較してみた~