[ニーモ/ヘキサライト6P] ~試張&カンガルーテント検討編~

[ニーモ/ヘキサライト6P]を衝動GET(>_<)。カラーはキャニオングレー。[オガワ/ツインピルツフォークTC]は横長の八角形だが、コチラは正六角形に近い。スカートは付いていないのでメインは夏、デイキャンもしくはソロキャンで使おうかと考えている。

≪スペック≫※メーカーHPより抜粋
【就寝人数】6人
【最小重量】4.2kg
【本体素材】150D PU ポリエステル (遮光ピグメントコーティング)
【フロア面積】12㎡
【前室面積】7.2㎡
【室内高】226cm

↓[オガワ/PVCマルチシート300*300cm]の上に内容物を並べてみた。袋の内側に星座が縫い付けれ得ている。今回は説明書を見ずに思うがままに設営してみる。

↓ポールはショックコード&ピン付で長さ調節が可能。今回は一番長い状態でセッティングしてみる。結構軽め。

↓T字型の軽量ペグが8本付属。

↓幕を広げてセットアップロープとフロントバッグをピンとはったじょうたいで4か所ペグダウンしたところ、ポール立ち上げ時にペグが抜けた(>_<)。⇒帰宅後説明書を見てみたらサイド2カ所の計6カ所ペグダウンをしてから耐上げないとダメだったみたい。

↓再度、少し遊びがでるように緩めに4か所ペグダウンし、ポールを立ち上げ。下回りも浮いてしまい、幕もダルダル。ペグの向きは凸部を上にしないとガイロープが引っかからない。⇒帰宅と説明書を見てみたら遊びは特に必要なく、ポールをインしてから長さを調節したほうが良いらしい。

 

↓ポール頂点外側には雨除けあり。開閉チャックはダブルなので薪ストの煙突も出せるかな。

↓前方部を跳ね上げる場合、片方のハトメには付属のペグは刺さらないので、ピルツ15TC付属のペグを使用。跳ね上げる際にはセットアップロープを外す必要あり。今回は跳ね上げ側にセットアップロープ収納袋があるため逆向きのほうがスッキリするかも。

↓前方部を跳ね上げるとサイドの三角部が垂れるので一方はペグダウン、もう一方は巻上げてみた。ポールの長さは210cm。

↓ポール上部にはチャック開閉のベンチレーターが各2箇所合計4箇所あるが、立ち上げ後だと高くて作業できない(>_<)。

↓ペグダウンの位置を再調整するも中々綺麗に張れない(´;ω;`)ウゥゥ。立ち上げたポール間の長さは約240cm。

 

↓半面お座敷を想定しPVCマルチシートを折りんでみた。

↓フロントを立ち上げると広大な日陰スペースを確保できる。半面、庇部分が弛み易く雨の日に水が溜まりそう。センター部分を240cmポールで立ち上げてみたが不安定なので実践使用は無理そう。雨の日はキャノピーのセンター部立上げもしくはクローズするのが良いかな。

↓[MSR/ハバハバNX]のグランドシートを敷いて、インナーを設置。両サイドの三角スペースは思ったより狭くてポールが邪魔で配置はできない。

    

↓斜めに配置したほうが後ろ側のデッドスペースがなくなるので少しだけ幕内を広く使える。

 

↓クローズ時の外観はこんな感じ。ペグの位置を調整するも中々綺麗に張れない(>_<)。

↓畳むのは結構簡単。シートを敷いていても、2ポールシェルターは構造上汚れやすいので色味はブラウン系で良かった。

↓[オガワ/ピルツ15用ハーフインナー]は三角部分が狭くて無理。[コールマン/タフドーム240]のインナーも設置できそうだがフルクローズするとキツキツになりそうなので実使用に耐えない感じ。

<初張りの所感>
・綺麗に張るのは思いのほか難しい(>_<)
・次回は説明書通りに張ったほうが良さそうだ
・ペグダウンをしっかりしないとポール立ち上げ時に抜ける
・フロント部を立ち上げると広い日陰スペースを得ることができる
・フルクローズ時でもポールが高いので室内は開放感がある
・夏のソロキャンで先ず実践投入と行きたいところ
・6角形よりも8角形の2ポールシェルターのほうが自立し易いので建てやすいかも

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年1stキャンプ#11@フォンテーヌの森 ~3日目~

7th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

キャンプデビュー談議 その弐 ~タープ編~

9th オートキャンプ@メープル那須高原 ~Do編③~

秋冬キャンプに向けて ~暖房器具を考える編~

2018年皐月セールに向けて ~スポオソ&ヒマラヤ編~