良幕多しオガワテント ~勝手なリクエスト編~

オガワ製のテントはスノピと比べると少し地味な感はあるが使い勝手が抜群に良い印象がある。実際に[オガワ/ピルツ15TC]を冬キャンで4回ほど使っているが総じて満足度が高い。特に以下の3点は感嘆に値する。

①結露が少ない⇒素晴らしきかなポリコットン素材
②撤収が楽⇒ポールをスリーブに通さないので撤収がホント簡単
③サイドウォール付のキャノピー立上げで雨天時に雨が入り込まない&靴が濡れない⇒地味に便利

・冬にしか使っていないため実感はしていないが、換気能も高い。フロント&バックのメッシュ、頂上開放、上部2カ所ベンチレーター、ボトム部メッシュと他のワンポールテント比べても換気部が多い。
・グランドシートの周囲が立ち上がっており強風時にでもフルクローズにすれば風が入り込むこともない。
・ホワイト基調の幕のため、光量の少ないライトでも反射してかなり明るい

ベネフィットの裏返しでもあるデメリット。

①とにかく重い⇒広い幕内スペースと快適なポリコットン素材の裏返し
②汚れやすい⇒清潔感があり、ライトアップが綺麗なことの裏返し
③乾燥しないとカビ生える⇒快適なポリコットン素材の裏返し

3人家族だとピルツ15だと少し大きい印象。オガワ製テントでは過保護張りができるピルツ12がベスト!オガワさんにはピルツ12をベースに

⇒T/C素材(結露が少なくてGOOD)
⇒サンドカラー(汚れが目立たないカラー)
⇒煙突穴付(冬キャン薪ストインストール用)
⇒サイドウォール巻上仕様(アスガルドのように)

として欲しい。我家では3シーズン、高原なら4シーズンのレギュラー幕として確固たる地位を確立するのだが!

もう一幕、気になっている幕がツインピルツフォークT/C。こちらも

⇒220㎝ポール仕様(フルクローズ時中央部に直立時頭部が干渉しない高さ)
⇒両サイドメッシュパネル装備(フルクローズ時の換気能UP)
⇒サンドカラー(汚れが目立たないように)
⇒二又ポール&ハーフインナー標準装備(汎用性UP)

にマイチェンしてくれたら即買いなのだが!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[ノルディスク/アスガルド12.6] ~ピルツ15TC比較編~

[Suaoki/ポータブル電源 G500] ~開封の儀~

G-STOVE HEAT VIEW XL ~薪ストーブインストール計画の儀~

[オガワ/ツインピルツフォークTC] ~じっくり観察編~

いぶし銀のオガワ幕 ~2018年冬編~

備えあれば憂いなし ~ジャンプスターター編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。