[アスガルド12.6]と[ピルツ15T/C] ~とある談議編~

キャンプを始めたい同僚との会話。HPで何となくシロクマテントがカッコイイと思っていて、何となく欲しいようだ。ちなみに奥さんは虫と寒さが苦手ということであまり乗り気ではないらしい…まあよくある話。


今年、4歳の娘と3歳の息子とでキャンプデビューしようと思ってね。何となくアスガルド12.6がオシャレっぽくて気になっているんだけど、特徴とかピルツ15T/Cとの違いってある?

両方ともワンポール型テントだね。大きさも大体同じくらいで、どちらともスリーブにポールを通す作業がないので設営、特に撤収は簡単だと思うよ。ペグダウン数はそれなりに多いけどね。アスガルド12.6は間近で見たことはないけど、19.6はこの前設営に付添したのでそれを踏まえての私見と思って聞いてね。

設営が簡単なのは良いね~!他に特徴とかってある?

アスガルドの入り口はA型フレームで間口が広いのでテントの中からの視界は良いんじゃないかな?でも構造上雨天時はタープを張らないと雨が幕内に入ってきちゃうね。ピルツ15TCはキャノピー立上げができるので雨の入り込みは少ないかな。特にアスガルドはキャンプ時の雨対策は必須だね。

アスガルドはタープもあったほうが良さそうだね。他には何かある?

そうだね~アスガルドのほうがボトム部の立ち上げが75cmあるのでデッドスペースは少なくて開放感はあるかも。ちなみピルツ15TCのボトム立上げ部は42cmだけど高さがあるのでこれはこれで開放感はあるよ。

どちらとも広そうだね~

換気に対してはピルツ15TCのほうが若干高い気と思う。ピルツ15TCは頂上部が開閉できるし、上部2カ所のベンチレーターと入口と後方のメッシュドアに加え、ボトム立上げ部4か所にもメッシュがある。アスガルドは上部3か所の小さ目のベンチレーターとボトム立上げ部5カ所のメッシュだね。ボトム立上げ部のメッシュパネルは大きくて全開放すれば風は抜けると思うけど、夏は暑いかもね。後、フロアシートがジップタイプなので取付は少し大変だけど、保温効果が高そうだね。秋冬には使いやすい印象かな。

確かに夏は暑そうかも!

後、ピルツ15TCが頂上部とボトム立上げ部にポールが入っているので畳むときに向きを合わせないと作業しにくくなっちゃうことかな。まあ慣れれば特に支障はないけどね。アスガルドはポールは入っていないので畳みやすいと思うわ。

微妙な違いがあるんだね。んじゃ、ピルツ15TCがアスガルドより良いと思う点ってある?

アスガルドと比べてということだと、①換気能が高いこと、②後面からも出入りや荷物の搬入ができること、③煙突穴があるので薪ストをインストールしやすいこと、④雨天時でもキャノピーを立ち上げれば雨が入りにくいこと、⑤ボトム立上げ部は化繊で色もブラウンなので汚れ難いこと、かな

逆にアスガルドがピルツ15TCと比べて良いと思う点ってある?

アスガルドの方が良いと思う点は、①A型フレームで間口が広いこと、②単一色なのでオシャレなこと、③ボトム立上げ部にポールが入っていないため畳みやすこと、④ボトム立上げ部の巻き上げができること、⑤ピルツ15TCより軽いこと、⑥雨天時に280cmタープ下に設営できること、かな

同じワンポール型でも色々と違いがあるんだね~

後、ポリコットン幕は結露が少なくて感動したよ。難点は雨に濡れるかなり重くなること乾燥しないとカビが生えやすいことだけど。まあ、すべての希望に沿う幕はないので後は何を優先するかじゃない。1幕でオールシーズンというならメッシュが豊富なドームや2ルームテントも良いと思うけどね。まあ、テントを選んでいるときって楽しいよね~。

まずは嫁の説得だな(>_<)

検討を祈る!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプ料理チャレンジ!? ~スキレット燻製編②~

買ってよかったキャンプギア10選 ~2018年春編~

キャンプデビュー談議 その参 ~モノポールテント編~

2018年7thキャンプ#17@北軽井沢スウィートグラス ~1日目~

7th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

2nd オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Do編①~