気になるキャンプギア2018 ~2ポールシェルター編~

この前の展示会で[オガワ/ツインピルツTC]を実際に見てきて、2ポールシェルターというカテゴリーのテントに興味を持ったので少し調べてみた。ツーポールシェルターとは、2本のメインポールを軸にした、フットプリントのないシェルタータイプの幕体。有名処でいうと[オガワ/ツインピルツ]、[スノーピーク/ランドステーション]や廃盤でヤフオクで高値の付いているMSRのパビリオン等がある。構造は大型のタープから派生したシェルターといった感じ。展示会等で実際に見てみたい!

↓まずは実際に展示を見てきた[オガワ/ツインピルツTC]の私見。

〇設営がシンプルで簡単
〇区画サイトにも収まりやすいサイズ感
〇アレンジが豊富
〇インナーテントのオプションがある
〇前後をポールで跳ね上げると風通しの良い広い日陰スペースが得られる
〇薪ストーブをインストールしやすい
フルクローズ時にサイドメッシュで換気可⇒よく見たらメッシュはついてなかった。メッシュ付2ポールシェルターは[オガワ/オーティス]。
×フルクローズ時だと少し閉塞感がある
×左右の入り口が狭い

以下、カタログやブログを見ての私見。

・[スノーピーク/ランドステーションM]はツインピルツよりも少し大きくアレンジも豊富な反面、ペグダウン数が多い。
・[ニーモ/ヘキサライト6P]は横幅は短めだが奥行きがあるタイプで区画サイトで使いやすそう。今期モデルは既に入手困難な感じ。
・[テンマク/デザインサーカス720DX]は外側に二又ポール2本使って設営するタイプ。スクエアなインナーテントも最初から付属している。
・[MSR/パビリオン]は外観は好みで使いやすそうだがだが現在販売していない。

既に三幕持ちのなので下記の条件に近い2ポールシェルターが出るまではステイだな。

①ポリコットン素材⇒結露が少なく、焚火やBBQを近くでやっても安心度が高い
②サンドかブラウン系カラー⇒グランドシートがないので汚れやすいため
③メインポール240cm以上⇒フルクローズ時に開放感があるスペース
④フロントもしくはバックにメッシュ窓あり⇒フルクローズでも換気が出来る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドッペルギャンガー/プレミアムワンタッチテント T5-465 ~初張編~

11th デイキャンプ@実家庭 ~焼鳥編~

春夏秋冬キャンプ ~ベストシーズンを考える編~

[オガワ/ツインピルツTC] ~4幕比較編~

2018年10thキャンプ#20@大子広域公園グリンヴィラ ~2日目~

[ナンガ/オーロラ600DX] ~開封の儀~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。