[オガワ/ピルツ15TC] ~試張り途中断念編~

モノポールテントは設営が簡単というが、ブログ記事を書いている方々はそれなりのキャリアの持ち主。[オガワ/ピルツ15TC/127440-44604+10195*0.9=73660(-42%)]は430*430cmでそれなりに大きい幕体である事も含め、キャンプ歴1年(9回)の小生が試し張りを兼ね検証してみる。ドーム型2ルーム、トンネル型2ルーム、ドーム型テントの設営経験あり。

↓段ボールの中に更に[ピルツ15TC]の外箱(90*45*30cm)が入っている。

↓かなり重い(>_<)。

↓取扱説明書は簡素。メーカーHPの設営動画はない。

↓ハーフインナーは緩衝材満載で郵送。

↓天候は晴れ、気温は9℃、風は微風。[オガワ/アイレ]のPVCマルチシートに内容物を並べてみた。付属のペグハンマーは思いのほか使えそう。ペグは18本。

↓幕体を広げてみた。

↓半土間使用なのでグラインドシートなしで立ち上げようと思ったが風も強くなり難儀しそうなのでマニュアル通りやることにした。ということでまずはグランドシートを敷いてみた。風で捲れないように風上部分4か所を仮ペグダウン。

↓グランドシートの上に幕を乗せお互いをトグルで結合。入口右側に「ogawa」の文字が書いてあるので風下向きに設定。そして…更に風が強くなってきて落葉が凄い(>_<)

↓マニュアル通りまずは4か所サイドバーをボトム立上げ部の仮ペグダウン。

↓ポールをテント内側から立ち上げ中に、風で仮ペグが抜けたので再度深めにペグダウンし再度立上げ!モノポールテントはペグで支えているため強風時にはしっかり目に打つのが吉。

↓内側はこんな感じ。ボトム立上げ部分にはメッシュがあり、頂上ベンチレーションと併せるとそれなりに換気能は高そうだ。それにしても落葉が凄い(>_<)。

↓更に風が強くなってきたため遺憾ながら作業中止。張網やマットの配置は後日お預け!ネットで見た通り、入口を正面に4か所だけペグを残し残りのペグを抜くこうとしたが風が強く中々うまく行かない(>_<)。ボトム立上げ部分には固いポールが入っているため、強風と相まって非常に畳むのが難航し血色適当に畳んで無理やり袋に押し詰め。後でググってみたところグランドシートを付けたままで畳んだでもイケるらしい。後、既に白い幕体に早くも泥汚れ(´;ω;`)ウッ…

メインポール収納時に内部の1か所ショックコードが取れた。後で修復を試みるがダメだったら修理だな~。試張りは強風時を避けないとダメ。勝手も分からず、収納袋も風で飛ばされたりして大変!いやはや雨も大変だけど風も大変(´;ω;`)ウッ…。まあ、雨風対策をアレコレ考えるのもキャンプの醍醐味の一つなんだろうけど。

結果、モノポールテントは簡単設営という触れ込みだが初心者にはそれなり難しい。特に風が吹く中(>_<)。簡単というよりもシンプルな設営方法という表現が正しい気がする。スリーブにポールを入れる作業がないのは何気に嬉しい(^▽^)/。

以下、参考にさせて頂いたサイト(^▽^)/

ピルツ取扱説明書

ピルツ設営・撤収ノウハウ

ピルツ15T/C初張り(動画)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

来季キャンププランを考える ~2018年間計画編~

[ニーモ/スターゲイズリクライナーラグジュアリー] ~お披露目編~

キャンプギア ~スポーツオーソリティ割引率をアマゾンと比較してみた~

6th デイキャンプ@実家庭 ~敬老の日BBQ編~

2018年キャンプを考える ~焚火タープ検討編 その壱~