2017年キャンプを振り返る ~タープ検証編~

キャンプを始めてからタープの重要性を実感する。

≪タープの用途≫
①日除け
②雨除け
③落葉除け
④虫除け
⑤風除け
⑥視線除け

手持ちのテントはコレ。

スクエアエヴォ Pro. アテナ ヘキサ M ポンタシールド カーサイドタープ
重量(kg) 4.8(幕のみ) 2.2 1.01 4.0
外寸(cm) 500*440*280(h) 460*430*240(h) 235*200*125(h) 315*215*180(h)
収納(cm) 80*20*20(h)  32*20*8(h) 65*15*15(h)
人数(人) 6-8 3-4 1-2 2-3

無風曇り空の時や、グルキャンで一緒に行った家族が張るときなどは張らないことも多い。2017年実際に出動した写真を振り返りながら用途別に整理してみた。

[スノーピーク/スクエアエヴォ Pro.]
手持ちで一番大型のタープ。

〇2家族の共有リビングとして広い日除け雨除けスペースを確保できる
〇雨天テント設営時の作業スペース及びテントの屋根としても活用できる
×サイズが大きいため張れる区画が限られる
×フル設営には6本ポールが必要で面倒
×重い

≫2017年7月@秋ヶ瀬公園 →試張り、エクステンションシート接続、日除け

≫2017年7月@こっこランド那須F.C.G→2家族共用リビング、雨除け、落葉除け、虫除け

≫2017年7月@秋ヶ瀬公園→2ルームテント連結、日除け

≫2017年8月@北軽井沢SG→2家族共用リビング、雨除け、落葉除け

≫2017年10月@北軽沢SG→雨除け、ポンタシールド連結

[コールマン アテナ ヘキサ M]
手持ちの中型のタープ。

〇設営が簡単
〇テントの庇拡張として便利
〇収納サイズがコンパクトで軽い
×2家族の共有スペースとしては狭い

≫2017年6月@秋ヶ瀬公園→試張り、日除け

≫2017年7月@北軽井沢SG→2家族共有リビング、雨除け

≫2017年7月@秋ヶ瀬公園→日除け、虫除け

≫2017年9月@キャンプ&キャビンズ那須高原→2家族共用リビング、日除け

≫2017年10月@北軽井沢SG→2家族共有リビング、雨除け

[スノーピーク/ポンタシールド]
手持ちの小型タープ。

〇収納サイズがコンパクト
〇ソロ使用もしくはメインタープの補助
×ファミリー使用には向かない

≫2017年9月@彩湖道満グリーンパーク→日除け、視線除け

≫2017年10月@北軽井沢SG→メインタープ拡張、雨除け

[キングキャンプ/カーサイドタープ]
手持ちのカーサイドタープ。

〇ポール無しでカーサイドに日陰スペースを作ることができる
〇ポール2本使用でビーチや公園なので気軽に設営することもでき風の抜けも良い
×設営場所を選ぶ(キャンプ場で駐車場とテントスペースが分れていると張れない)

≫2017年7月@彩湖道満グリーンパーク→試張り

≫2017年8月@弓ヶ浜ビーチ→日除け

≫2017年8月@健保運動公園→日除け

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファミリーキャンプシーズン到来 ~標高編~

2018年2ndキャンプ#12@つくばねオートキャンプ場 ~計画編~

2018年キャンプを考える ~スタメンキャンプギア編~

7th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

G-STOVE HEAT VIEW XL ~薪ストーブインストール計画の儀~

キャンプギア補完計画 ~敢行編~