キャンプギア総評2017 ~ロゴス&ヘリノックス編~

今期9回のオートキャンプを通じての独断と偏見からのロゴス&ヘリノックス製品レビュー。

≪ロゴス≫
①封筒型シェラフ[ミニバンぴったり寝袋-2℃冬用]
3シーズンシェラフとして使用。収納袋に入れるとクッションにもなるということだが、大きすぎて車内では使えない。

②パネル型折りたたみテーブル[プレミアム カーボントップテーブル]※リンクは関連品
軽量コンパクトな折りたたみテーブル。フレームの展開収納が少しやりにくい。

③三脚タイプチェア[トリポッドチェア]
座面が高いので座りやすい。主に囲炉裏テーブルを囲むときのサブテーブルとして使用。

④コンパクトチェア[トレックスツール]
背付と背無の2つ。背付はサブとして背無はウォータータンク乗せとして使用。

≪ヘリノックス≫
①コット[コットワン コンバーチブル]
展開は楽だが収納時にレバーが固い時があり難渋することがある。展開時に脚とポールが微妙に垂直になっていないからと思われる。サマーキットも別途購入したが非常に涼しく暑い夏に使いやすい。夏の高原の夜では寒いくらい。

②折りたたみテーブル[テーブルワン]
軽量コンパクトな折りたたみテーブル。軽いので風があるときは物を置いてないと飛ばされることがあり室内利用が多い。室外では焚火テーブルを使用することが多い。

③折り畳みチェア[チェアワン]
チェアワンシリーズの走りとなった軽量コンパクトチェア。座り心地は上々でキャンプ以外でも持ち出すことが多い逸品チェア。ただ、イエロー色を選んだのだが汚れが目立つのでキャンプで使うなら濃い色のほうが良いかも。

④折り畳みチェア[ビーチチェア]
寛ぐには最適だが、座面が低く背もたれもかなり傾いているので食事をするには向いていない。サマーキットを別途購入したがとても涼しく、名前の通り夏のビーチサイドで使うべき逸品。

⑤折り畳みチェア[チェアワンミニ]
3歳の娘用に購入したが安定感がないので使っていない。もう少し大きくなったら使える感じ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6th オートキャンプ@ウッドルーフ奥秩父 ~Do編①~

2018年キャンプを考える ~焚火タープ決定編~

10th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~秋晴れ秋ヶ瀬編~

北軽井沢スウィートグラス ~2区画予約パターン編~

18th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~ハンモック初張編~

2018年1stキャンプ#11@フォンテーヌの森 ~計画編~