7th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Check&Act編~

■テントとグランドシートの洗浄&乾燥
撤収時にテントとPVCマルチシートが乾ききらなかったため嫁の実家で水洗浄&乾燥。フライのスカートが泥だらけ、PVCマルチシートもかなり汚れていた。PVCマルチシートは撥水性が高いからか水洗い&スポンジ擦り洗いで直ぐに汚れは落ちた。

■北軽井沢スウィートグラス/ハンモックサイト

◎無料で金曜日前泊できるので2泊8,200円と非常に割安
○ハンモックエリアがあるので少し広く使える。
電源付きで電気毛布で暖をとれる。
×後ろにイベントハウスがあるためサイトの通り抜けがあり嫌な気分になった(キャンプ場ではなくマナーの問題だが)。

■ドーム型テント[小川/アイレ]
フレームとフライの位置取りをせずに前室をマジックテープで固定してしまったため、前室が狭くなってしまった。また、石があるのを気づかずにグランドシートを敷いたため、コンモリ盛り上がって寝づらかった。闇夜雨天の時にこそ後で修正の必要がないようしっかり事前確認が必要。また、メッシュフルで風通しが良いのがウリだが、秋口は涼しいので実感できず。雨天時は大型タープの下にアイレを張るという選択は結構良いかも。PVCマルチシートも若干重いがその分安定感があり、雨の日も安心。

〇スタンディングテープ(位置取りテープ)がないためレイアウトが容易
〇インナーテントはスリーブを通さずフックだけなので設営が簡単
300*300cmの室内は荷物を置いても3人で広々と使える。特に雨の日は車との移動を少なくしたいため荷物スペースを多く必要とする。
〇前室が広くウッドラックを縦置き出来る。
〇ツールームに比べると幕体が小さいので洗浄乾燥が楽(とはいってもフライシートはそれなりの大きさだけど)。
△スカート部分が中々乾かない(スカートがあるテントはどれも同じだが)。

■クーラーボックス[コールマン/ラギッドAT ホイールクーラー55QT]

大型タイヤのため悪路でも移動が楽ちん。
×持ち手が固定できないため、前方側で押す際に閉じてしまう。マンションへの荷物を運ぶ際はキャリアワゴンと併用するので使い勝手が悪い。
□コチラが良さ気⇒igloo(イグルー) カンタム マックスコールド 52 ローラー (49L) ジェットカーボン #34067

〇太く頑丈なので安心感がある。
〇長さ調節ができる(主に185cmで使用)
×ピンが甘いので乾燥時はまだ良いが、雨で濡れている場合は外しにくい。[スノーピーク/ウイングポール280]は雨天時でも速やかに取り外しが容易。
□コチラが良さ気⇒snowpeak (スノーピーク) タープ ウイングポール180cm TP-004

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプギア総評2017 ~ユニフレーム編~

[オガワ/ピルツ15TC] ~試張り再チャレンジ編~

1st デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~相乗り編~

タープとテントを用途別に整理してみた ~キャンプギア検証編~

秋冬キャンプに向けて ~暖房器具を考える編~

キャンプのお伴ギア2018 ~雨天編~