カーサイドタープ ~ロゴス&小川キャンパル比較編~

[ロゴス/neos カーサイドオーニング]と[小川キャンパル/カーサイドリビングDX]のカーサイドタープを比べてみた。ロゴスのほうが奥行きが70cm短いがキャノピー立上げにより開放感はある。色味は小川キャンパルのほうが好み。ビーチサイドでは3面開放のロゴス、キャンプでは防寒性が高い小川キャンパルが使いやすそう。

ロゴス
neos カーサイドオーニング
 vs 小川キャンパル
カーサイドリビングDX
 画像
4.9kg 重量 5.5kg
320×250×190h(cm) 大きさ 330*320*200h(cm)
63*20*20(cm)  収納時 69*17*17(cm)
車体連結時、三方向から出入り可能
キャノピー立上げ可能

備考

車高170-200cmの車対応
22,680円  定価   49,680円

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年1stキャンプ#11@フォンテーヌの森 ~計画編~

[ホンダ/オデッセイ] ~ルーフラック検討編~

5th デイキャンプ@実家庭 ~秋刀魚炎上編~

2018年キャンプを考える ~冬幕検討編 弐~

2018年ファミリーキャンプ ~年間計画編~

6th オートキャンプ@ウッドルーフ奥秩父 ~Plan編~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。