【アテナ スクリーン2ルーム】と【アテナ トンネル2ルームハウス】を比較してみた

トンネル型テント【アテナ トンネル2ルームハウス】がアテナシリーズからも発売されていた。韓国モデルで販売はスポオソ経由のみ。スペック的には2016年に限定発売された[コールマン/トンネル2ルームハウス]に近い。手持ちの【アテナ スクリーン2ルーム】と何が違うか比べてみた。尚、アテナトンネルはルーフフライ付属のため、定価&重量はアテナスクリーンには別売りルーフフライをプラスして比較。

中年オヤジのファミキャンブログ

「トンネル2ルームハウス (バーガンディ)」を説明書なしで設営してみた

【アテナ スクリーン2ルーム】 [製品名] 【アテナ トンネル2ルームハウス】
93,722円(86,184円+7,538円) [税込定価] 107,784円
縦565*横340*高205(cm) [サイズ] 縦678*横380*高200(cm)
横300*縦240*高145(cm) [インナー] 横360*縦240*高185(cm)
18.2kg(17kg+1.2kg) [重さ] 20kg
6本 [ポール数] 4本(+ルーフ用1本)
4つ [アウターメッシュ数] 8つ
3つ [インナーメッシュ] 4つ
1つ [キャノピー] 1つ(ポール立ち上げでない)
[ポール自立] 不可(ペグ打ち必要)
[スカート]

トンネルはスクリーンに比べて…

・定価が+1,4000円高い。

・大きさが縦+113cm横+40cm、高さ-5cmと面積が大きい。特に縦に長い。

・インナーサイズが横+60cm、縦±0、高さ*40cmと面積は大きい。特に高さに余裕があり、身長175cmの小生は直立できる。

・2kg弱重い。

フレームポールの数が2本少なく、設営の少し容易なことが予想される。

・サイドメッシュが4つ多い。

・インナーメッシュが1つ多い。サイドメッシュはあるが上部メッシュはない。

ポールで立ち上げるキャノピーがない。庇だけキャノピー下の面積が少ない。

・ポール組み上げだけでは自立はできない。

トンネルはスクリーンより一回り大きく、夏場なら簡易テントやコット等も内包でき2家族の宿泊にも対応しやすいかな。ポール立ち上げのキャノピーがないため、雨天時のBBQをやるスペースが確保できず、別途タープ等を設営する必要がある。せめてフロントもしくはサイドだけポール立ち上げのキャノピー対応ならGOOD!なのに。

2017/7/20追記)実際にトンネルテントも設営してみた。ペグ打ち・ガイロープ張りを含まない設営自体は1人で30分位。フロント側を2カ所ペグで位置決めの仮打ちをして、後方部分をジャバラを広げる形で広げていきバック側を仮打ち。フレームポールが4本、しかもクロスさせないので作業自体はシンプルで簡単。また、設営面積はスクリーンより大きいので区画を選ぶかもしれない。意外なのはタフドーム240のインナーをインしてみると、アテナスクリーンよりも空きスペースが小さく通路が確保できない。インナー面積は広いがリビングスペースはトンネルのほうが狭い!?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7th デイキャンプ@秋ヶ瀬公園 ~秋BBQは快適だが大混雑編~

キャンプギア補完計画 ~20%オフセールを狙うが吉編~

2018年キャンプを考える ~焚火タープ検討編 その壱~

2018年キャンプギア補完を考える ~2ndシーズンに向けて編~

コクーン行脚 ~2018年6月編~

秋冬キャンプに備えて ~暖房器具補完編~