感動キャンプギア10選 ~2016年下期版~

2016年はデイキャンプを中止にアウトドアライフを行ってきた。その中で色々とキャンプギアに散財して来たわけだが取り分け購入してスゴイ!と感動したものを整理してみた散財記録。

コールマン/アウトドアワゴン
今年一番お世話になったキャリーワゴン。展開収納も簡単。デイキャンプの場合、駐車場とBBQ会場が離れており、様々なキャンプギアを運ぶのに重宝した逸品。また通常の使い方ではないが耐荷重100kgということで子供の乗り物としても活用した逸品。BBQ会場で同じキャリーワゴンを使っている人がが非常に多い。
イシガキ/スキレット フライパン 18cm
ありがちだがアヒージョやハンバーグをスキレットで料理して食べた時の味は感動もの。洗剤で洗えない等多少手間がかかるが持っててよかった逸品鍋である。15cm径も購入したがこちらは小さく過ぎて出番はなく18cmがメイン使いとなっている。
ユニフレーム/インスタントスモーカー
こんな簡単に燻製料理ができるのだと感動!主に温燻として利用している。初BBQ参加者も燻製卵を食べた時まず感動する♪
コールマン/チャコールスターター
初心者にありがちが炭起こしに時間がかかりBBQが始まるまでに一苦労!というのを解消した逸品。サイドにバーナーを入れる穴もあり、手早く火付けする事も出来る。ちなみにオガ炭は少し炭起こししにくいので着火剤を使ったほうが楽。
スパイス/パラソルタープ トロピカル
設営時間が一番簡単なタープであろう。風がある時でもメッシュにしてペグ打ちするだけで良い。難点は収納サイズが長いこと位。大人2人+子供1人でのピクニックやビーチサイド、テニスの時など汎用性が高い簡易タープ。ベストな使用人数は2人。それ以上はもっと大きなタープを利用するべし。
ユニフレーム/焚き火テーブル
熱したスキレットや鍋、スモーカー等が直接置ける耐熱テーブル。サイドテーブルとしても利用でき1つは持っておきたい逸品。
ヘリノックス/チェアワン
収納時のサイズが非常にコンパクトになる折り畳みチェア。キャンプの他にはテニスやちょっとしたお出かけ時にも重宝している。ベストセラーになったのも頷ける一品である。チェアワンミニも持っているが収納と座り心地のバランスがいいのは当製品。
クオルツ/ステンレス炭火火消し壷
火消壺というより炭運搬用として利用してる。炭は約3kg入るので2家族のBBQ1回分は余裕で賄うことができる。
イワタニ/カセットフー マーベラス
アウトドア用の風に強いカセットコンロ。汎用性の高いCB缶なのもありがたい。お湯を沸かしたり、おでんを温めたりと特に秋冬口のデイキャンプには重宝する。
ユニフレーム/ユニセラTG-III
テーブルタイプのコンパクトグリル。物が増えるに連れ、キャンプギアのコンパクト化に貢献する一品。2家族位ならギリで賄える。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプデビュー談議 その壱 ~ドーム型テント編~

2018年キャンプを考える ~タープポール編~

2018年4thキャンプ#14@北軽井沢スウィートグラス ~2日目~

4th オートキャンプ@北軽井沢スウィートグラス ~Plan編~

気になるキャンプギア10選 ~2018年夏編~

2018年6thキャンプ#16@メープル那須高原キャンプグランド ~検証&対策編...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。